スポンサーリンク

短時間で覚える無料ブログサイトの紹介絶対マニュアル

2016年7月10日ブログ開設FC2ブログ, jugemブログ, seesaaブログ

スポンサーリンク

短時間で覚える無料ブログサイトの紹介絶対マニュアル

こんにちは。

たかよしです。

今回は、

どのブログが一番良いのかという事や、新たなブログの紹介もしていこ
うと思います。ブログサイト比較でブログを紹介していきます。

 

 

FC2ブログ  ⇒ http://blog.fc2.com/

 
カスタマイズも自由自在の最強ブログです。

 

サブドメイン、複数ブログ作成は、やり方によってはOK。
html編集OK、スタイルシートOK、ping設定数無制限、

ブログをご利用の方は、ご存知だと思いますが、機能は、ブログナン
バー1のブログですネ。

会員数も100万人と言われていますので、FC2ブログ以上の使い勝手
の良いブログはありません。

ワシも最初FC2ブログから始めました。次にseesaa・juge
m等のブログの開設をしましたが、先にFC2ブログを開設して慣れた
ら、他のブログサイトが不便でならなかったです。

次にやり易かったのは、livedoorブログかな?
このブログを使ってしまうと、他のブログが不十分に思えてしまいます。

ただし、1ヶ月更新をしないと、記事ページに広告が自動表示されてし
まいます。

 

 
忍者ブログ ⇒  http://www.ninja.co.jp/blog/

 
忍者ブログは、サブドメイン、複数ブログ作成OK、html編集OK、ス
タイルシートOK、ping設定数10個であり、ブログ以外もホームペー
ジやアクセスカウンター、その他忍者専用ツールも使えます。

まあまあおすすめなブログかな。

また、動作性も軽い為に、使い易いサイトです。その上、ブログは、複
数サイトも開設可能です。個人的にはまだまだマイナーだと思う。

ホームページは、5つまで開設出来ます。利用しやすいブログです。

 

 

seesaaブログ ⇒  http://blog.seesaa.jp/

 
サブドメイン、複数ブログ作成OK、html編集OK、スタイルシートO
K、ping設定数無制限。

ブログでも有名ブログなので、知っている方も多いと思いますが、動作
性が若干重めなので、多少抵抗感があるかもしれません。

ただし、HTML、CSSなどでカスタマイズには、扱いやすいです。

何と言っても複数のブログが開設できて、収入を考える方には、必須の
ブログでしょう。

ブログの開設数も最大100個まで可能になっています。

また、現在再構築をしなくても大丈夫になっているので、この機能は、
とても助かりますね。

 
みブログ ⇒  http://meblog.jp/

 
サブドメイン、複数ブログ作成OK、html編集OK、スタイルシートO
K、ping設定数無制限、seesaaブログと同様の機能を持っています。

SEESAAブログとほぼ同じ内容ですが、時間帯によって、とても管
理画面が重くなります。

その際は、時間を変えて、ブログなどの更新をしてみると良いでしょう。
このブログもお小遣いやアフィリエイトなどでは、向いています。

 

 

sublimeブログ  ⇒ http://sublimeblog.jp/

 
サブドメイン、複数ブログ作成OK、html編集OK、スタイルシートO
K、ping設定数無制限

SEESAAブログ、みぶろぐと同じブログだと思って下さい。

こちらもおススメの一つです。若干重さを感じます。

 
jugem  ⇒  http://jugem.jp/

 

 

カスタマイズも可能ですが、それなりに知識も必要になると思います。
サブドメイン。

 

 

てぃーだブログ  ⇒  http://blog.ti-da.net/

 
サブドメイン、複数ブログ作成5個、html編集OK、スタイルシートO
K、ブログのデザインは、個人的にシンプルでおしゃれなものを多い印
象です。

使い勝手は、悪くありませんが、自動表示で貼られてしまうリンクがち
ょっと多めかもしれません。

 
livedoorブログ ⇒  http://blog.livedoor.com/

 
独自ドメインOK、htmlおよびスタイルシート編集OK。
テンプレートがやや少な目かな?

ワシはFC2ブログに次いでやり易いブログでした。

まだまだブログサイトは有りますが、今日のところはこの辺にしておき
ますか。

 

ヘッダーメニューにあります『無料レポート大全集』をクリック

または下記URLをクリックして頂きますと、

各無料ブログサイトの一部ですが、DLからインストール方法を解説した

無料レポート」を無料でDL出来ますのでヨロシク。

 

URL ⇒ http://y-taka.biz/page-159

 

 

最後まで読んで頂き 感謝。 感謝。

スポンサーリンク