2015年公開予定 ホラー映画がクランクイン

2015年6月13日エンタメアナベル, イット, スティーヴン・キング, ホラー映画, 死霊館

スポンサーリンク

2015年公開予定 ホラー映画がクランクイン

 

アナベル 死霊館の人形

 

「死霊館」怖すぎる予告映像解禁 実在するアナベル人形誕生の秘密を描く

 

ホラー映画『死霊館』(13)で日本を恐怖のどん底に陥れた“アナベル人形”の誕生の秘密と恐怖を描く『アナベル 死霊館の人形』(2015年2月28日公開)の予告編が解禁された。

予告編には「死ヌマデ、遊ンデ」と、どこまでもどこまでも憑いてくるアナベル人形の恐怖が、これでもかと襲ってくる映像が収められている。

全米では、公開初週末(10月3日~5日)の興行収入で、デヴィッド・フィンチャー監督の話題作『ゴーン・ガール』につけ初登場2位を記録した本作。

『ソウ』シリーズ、『死霊館』でホラーマスターの地位を確立したジェイムズ・ワン監督が、ビンテージ人形“アナベル”を手に入れたとある夫婦が遭遇する恐怖と、実在するアナベル人形の誕生の秘密を描き出す。

公開された予告編は、アナベル人形の恐怖を体験することになるジョン・フォームとミア夫妻が、隣家で起きた殺人事件に遭遇するところから始まる。

 

ユーチューブ動画

妻のミアが救急車を呼ぼうと家に戻るとそこには人形を抱いた女の姿が。「かわいいお人形」と囁き、夫妻を襲い始める。女は壁に謎の紋様を残し、自殺。その首筋から垂れる一滴の血がアナベル人形の目の中に滴り落ちた…。

フォーム夫妻は、この事件を克服し新しい生活を始めるのだが、引越し先で段ボールを開くと、なぜか捨てたはずのあの女が抱いていた忌まわしい人形が入っていた。ミアは、ビンテージ人形だし折角だから、と部屋に置く。それがあの女が呪いをかけた人形とも知らずに-。

レコードが突然かかり出し、不穏な音楽が鳴り響いたり、いるはずのない女の姿が部屋に現れたりと予告編とはいえ恐怖の連続。さらに、劇中で流れる『死霊館』で使用されたオルゴールに似た曲が、さらなる恐怖を助長させる。

 

2015年2月28日より日本公開予定

 

『IT/イット』

 

スティーヴン・キングのホラー大作『IT/イット』、2015年夏に撮影開始

 

幼なじみの7人の男女が不気味なピエロ=ペニーワイズに襲われる恐怖を描いたスティーヴン・キングの傑作ホラー『IT/イット』。数年前に映画化されることが伝えられていたがいよいよ始動し、2015年の夏より撮影開始予定であることが明らかになった。

Vultureとのインタビューで製作のダン・リンが明かしたところによると、映画『闇の列車、光の旅』『ジェーン・エア』を手掛け、絶賛された海外ドラマ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』の監督・製作総指揮を務めたケイリー・ジョージ・フクナガがメガホンを取るという。

3月から正式に準備を始め夏には撮影を開始する予定とのことだが、キャストについては不明だ。

「ケイリーは時間をかけて内容を詰めるのが好きだが、僕たちはこの企画に3~4年取り組んできたからね。彼が留まってくれて感無量だ。観客も興奮する作品になると思うよ」と、リンは語った。

原作の凄さを考えると1作では収まらないとのことで、映画版も1990年に製作されたテレビ映画同様に二部作になるという。

前半は「IT(あいつ)」に苦しめられつつ成長していく主人公たちの子供時代の物語となり、後半は成長した主人公たちが団結し、「IT」に立ち向かうさまを描くとのことだ。

リンは続けて「最も重要なことは、スティーヴン・キングが喜んでくれたことだ」と、脚本が原作者のキングのお墨付きであることを明かしている。

キングが作品の方向性を気に入らない限り、企画を進める気はなかったそうだが、「この脚本のバージョンこそ、スタジオが映画にすべきものだ」とキングが喜んでくれたそうだ。Comingsoon.netによると、脚本はフクナガがチェイス・パルマーとデヴィッド・カイガニックと共に執筆したという。

これに関しては、2015年の夏より撮影開始予定となっているようなので、公開はまだまだ先のようですね!!!

楽しみに待ちましょう。

 

追 記

2015年公開予定 ホラー映画公開 第2弾

もヨロシク!!!

スポンサーリンク