スポンサーリンク

初心者でも人気になれる記事の書き方

ブログ開設

初心者でも人気になれる記事の書き方

 

私は学生時代国語が苦手で作文や感想文等を書く時、いつまでも書けな
くてカンニング(もう時効だよネ!)した記憶があります。

これほど文章を書くのが嫌いな人でも、これから紹介する「ブログの書
き方」を意識すれば、ブログはいくらでも書けるようになると思います。
どうでもいいことを書くだけではない。

イメージアップにつながったり読者を増やすような有用性のある記事を
書ける。

書き方がわからなくて苦しんでいる人には、役に立つと思うので是非読
んで頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク

1.テーマを統一

● ブログのテーマを決めたらテーマから逸脱しないこと。
● テーマはニッチであればあるほどよい。
● これには3つのメリットがある
① いろんなテーマで書くと、固定の読者様が増えません。

  たとえば料理関係をテーマにしたのなら、それに関係する記事だけ
  を書く。だからといって料理のレシピや具材だけを取り上げて書く
  のではなく、料理に使用する食器や料理本等の紹介したり、その 
  テーマにそって幅広く題材を探して書くといいと思います。

② 特定のテーマを書いていくと威力となる。

  特定の方面にじょじょに詳しくなって、他のブログを圧倒するクオ
  リティの高い記事を書けるようになる。

  インターネットには色色な情報が転がっていて、様々な人が以前書
  いているような知識には、さほど価値がない。
  しかし狭く絞れば、たいていはその専門分野で質の高い・量ととも
  に最上の順位になることが可能です。

③ 検索エンジンから集客できる。

  特定のテーマに絞ってブログ記事を数多く書くと、関連するキー 
  ワードで徐々に上位表示されるようになります。
  
  ひとつのキーワードについて記事を書いていくと、検索エンジンは
  そのキーワードに詳しいブログだな~と認識するようになります。
  そうなれば次にそれに関連したキーワードの記事を書けば、検索上
  位に表示されやすくなります。

2.自分が面白い・うまいと思う人の文章を見習います

  まずはいろんな人のブログを観て読んでください。

  その時、「このブログなんか面白い記事があったな」と思ったらそ
  の記事出来るだけまねて書きます。

  ここで注意しておきますが、そのままコピペするのではなく、自分
  の言葉に代えてください。

  最初のうちは、「同じようには書けない。絶対無理!」

  当然です。それがあなたの限界であり、個性でもあります。

  でもたくさん記事を書いていけば、文章のリズムの取り方などはお
  手本になったブログに近づいてきます。

3.結論を最初に持ってくる。

  例えば「この料理はきらいです。・・なぜなら嫌いなトマトが入っ
  ているから」。

  冒頭から最後まで飽きさせず読ませる自信がなければ、こんな構成
  にするのがいいです。

  ビジネスの現場では、誰もが時間がない。

  だから、先に結論を述べて、理由を後に述べるようにする。

  ブログの記事も同じです。

  最後まで読まないと何が書いてあるかわからない記事は、読んで時
  間を損する可能性があるから読みたくない心情もあります。

4.文を短くする

  「。」が来るまで人間の頭は、とりあえず文章の全体について、判
  断することを避けて保留状態を保ちます。
  
  しかし、あまりに文章が長くなると、保留状態の情報が多すぎて頭
  の中が飽和して判らなくなります。

  長くなったら区切るように工夫しましょう。

5.不要なことは書かない

  書こうか?書くまいか?迷うならば書かないほうがよいです。

  文章は短くすればするほど、主題が際立ってわかりやすく印象に残
  るようになります。

  有益である、面白い、わかりやすくなるといったメリットがなけれ
  ば書かない方がいいと思います。

6.あいまいな語句や漠然とした語句はできるだけ使わない

  「思う」「ではないか」「と考えられる」など
 
  「あんたの推測はいらないから確かな情報をくれ!」です。
  「という」「といった」「こと」「もの」といった漠然とした語句
  も省ければライティング上達のヒントが得られます。

7.抽象的な言葉を強調しない

  抽象的な言葉でむやみに強調すると文章がダサくなります。

  「すごくカレーライスがうまい」

  この「すごく」という言葉がついても大して強調されている気がし
  ない。

  どう美味しいのか?具体的に説明したほうがよいです。

  「カレーのルーが辛いけどコクがあり、ポークも柔らかくて肉汁が
   口の中でとろけて美味しい!」

  といった具体的にイメージが湧く表現を使うべきです。

  特徴的な語句、言い換えれば専門性が高い語句が含まれるほど、検
  索エンジンは検索キーワードに対する適合性が高いと判断して上位
  に表示させるようになります。

 
最後にまとめ

 ひとつのテーマに絞り込む

 自分の理想とする人の書き方をまねる。

 結論から先に書く。

 あいまいな語句はあまり使わない。

 できるだけ具体的に書く。

とはいっても初心者様はピンとこないと思います。
なので最初は、

日記を書いていけばいいと思います。

日記だったら日常の出来事を書いていけばいいし、テレビを観て事件と
か今はやりの話題等を記事にしていけばいいです。
その間に上記で紹介した書き方でカテゴリを分けて書きましょう。

 
最後まで読んで頂き 感謝。感謝。

スポンサーリンク