終盤のW杯、各国代表の恋人達も熱狂応援

2014年10月13日スポーツサッカー, ワールドカップブラジルスポーツ, ワールドカップブラジル

スポーツ

終盤のW杯、各国代表の恋人達も熱狂応援

 

 

終盤にかけてヒートアップするサッカーのワールドカップ(W杯)

ブラジル大会。

 

各国応援席ではサポーターが母国のワンプレー、得失点に一喜一憂

している。

 

AP、ロイター通信も大会期間中に白熱した応援を繰り広げる彼ら

の姿を配信。今回は大会終盤を迎え、特に目を引く美女たちを集め

てみた。

 

ブラジル大会で特筆する活躍を演じたチームといえば、南米代表

のコロンビア、北中米代表のコスタリカだろう。

 

コロンビア、コスタリカ、そして、両国に負けず劣らず健闘したチ

リを加えた3カ国は世界的な美女輩出国として知られる。

 

3カ国の国名が“C”で始まることから、美人の誉れ高い国を形容

して「3C」と呼ばれることもあるとか。

 

コスタリカがグラマー系、コロンビアはビューティー系、チリはプ

リティー系が好まれる傾向にあるという。

 

さらに、アルゼンチン。米国の情報サイトで紹介する美女の多い

国ベスト15には、大半を占める欧州に伍してアルゼンチンが2位

にランクされている。

 

「混血が進んだことで、ブロンド髪の女性が多くなり、美しい女性

が多くなったとされる」と解説している。

 

各国代表選手の「WAGs」(サッカー選手の妻や恋人のこと)

の姿もAP、ロイターのカメラマンの照準になっていた。

 

例えば、“ブラジルの至宝”ネイマールがつきあっている女優ブ

ルーナ・マルケジーニ(18)が、ブラジルのユニホーム姿で客席

から応援する姿も撮られていた。

 

 

優勝候補の一角に挙げられたドイツからは、2013年にドイツ年

間最優秀選手に選ばれたバスティアン・シュバインシュタイガーの

恋人、25歳のモデル、サラ・ブランドナーだ。

 

シュバインシュタイガーとほぼ同じ180センチの長身で、201

0年にはスポーツ・イラストレイテッド誌にモデルの水着姿で登場

している。

 

07年からというから、もう7年のお付き合い。たびたび試合会場

で姿が見られている。

 

もう1人が「100年に1人の逸材」と称される、やはりドイツ

のマリオ・ゲッティの恋人、モデルのアン・カトリン・ブロンメン

ズ。

 

ゲッティより2歳上の24歳。身長もゲッティとほぼ同じ177セ

ンチ。16歳からモデルとして活躍しており、ゲッティとは12年

に出会ったとされている。次代を担うモデルとして期待されており、

本人も将来的にはビジネス分野にも進出したいとか。

 

しっかりした考えの持ち主のようだ。

 

 

「産経ニュース」より抜粋。

 

 

ブラジルW杯 サッカー、盛り上がっています。

 

骨折したネイマールの恋人、女優ブルーナ・マルケジーニが、ブラ

ジルのユニホーム姿で客席から応援する姿も撮られていたなんて、

骨折した瞬間も居たのかな?

 

プロスポーツ選手っていいな~。

 

両手に花!!!