「HERO」抜てき枠で検事役に吉田羊

エンタメHERO, 吉田 羊エンタメ, 吉田 羊

エンタメ

「HERO」抜てき枠で検事役に吉田羊

 

 

第1回(14日放送)の視聴率が今年放送の全ドラマで1位となる

26・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録する好スター

トを切ったSMAP木村拓哉(41)主演のフジテレビ「HERO」。

 

13年前に放送した前作の大ヒットは、作品のコメディー要素を引

き立てた実力派俳優たちの存在も大きかった。

 

当時は全国区の知名度ではなかった八嶋智人(43)、小日向文世

(60)らを起用したことが新鮮に映り、ブームの追い風にもなった。

 

今作の出演者の中にも、そんな“抜てき枠”がある。

 

制作サイドが「今回も“HEROをきっかけに、皆さんに知られて

いく”という人を1人はつくりたいという思いがあった」と起用し

たのが、吉田羊(よう、年齢非公表)。

 

01年に劇団「東京スウィカ」を旗揚げした舞台出身の女優。

 

「場面場面で自在に演じ分けられる力量と瞬発力が抜群」と演劇関

係者の評価が高く、最近では11年のNHK大河ドラマ「江」、1

2年度のNHK連続テレビ小説「純と愛」にも出演。

 

今回は、プロデューサーと監督が出演舞台を見に行き「彼女な

ら!」と、木村拓哉(41)演じる主人公が再着任した東京地検城

西支部の検事役に抜てきした。

 

今後、そんな羊が狼になる。

 

「あるよ!」のセリフで人気の田中要次(50)がマスターを演じ

る店で、「1人だからって寂しいわけじゃないのよぉ~」と酒にの

まれ、北川景子(27)や正名僕蔵(43)演じる事務官に絡む場

面が描かれる。

 

実際の吉田について関係者は「焼酎が好きですが、役柄のように絡

んだりはせず、仲間と楽しく飲んでいます」と話している。

 

だが、“羊”が“狼”へひょう変する演技は期待大。あらたな名物

シーンになる可能性もありそうだ。

 

タイトスカートにヒールという格好いいキャリアウーマン風の衣装

に身を包む一方で、夜は酔っぱらう可愛らしい一面もあるキャラク

ター。実力あるバイプレーヤーが、視聴者のハートをつかむのもH

EROの魅力だ。

 

 

「スポニチアネックス」より抜粋。

 

 

吉田 羊って知っていますか?

 

 

吉田 羊(よしだ よう)は、本名が吉田羊右子(よしだようこ)とい

って、日本の女優です。

 

愛称は「ひつじ」。ORANKU所属、 福岡県久留米市出身です。

 

本格的な映像デビューのきっかけは、2007年4月に上演された3人芝

居『とんでもない女』(川島なお美・下條アトムと共演)。

 

この舞台を見に来た監督に認められ、同年10月に始まった昼ドラ

『愛の迷宮』(東海テレビ)に準レギュラー出演しています。

 

また、同年4月より株式会社ORANKUに所属となり、以降、映像中心

の活動してる。

 

プロフィールは、

 

趣味はアンティーク着物、スキューバダイビング。

 

資格は漢字検定2級を持っているようです。

 

好きな俳優は光石研や西島秀俊、田中裕子で、好きな歌手は椎名林

檎、Mr.Children。カラオケの十八番は椎名林檎の「罪と罰」と中

島みゆきみたいですね。

 

テレビドラマでの出演作品は、2007年に「愛の迷宮」で沢木裕

子役から始まって、「HERO 第2シリーズ」で馬場礼子役に至るまで、

約80本前後に出演したみたいです。

 

 

スミマセン。私は知りませんでした。