24時間以内に死んでくれと父親が自殺直前の長男に迫る

社会自殺社会

社会

24時間以内に死んでくれと父親が自殺直前の長男に迫る

 

 

東京都西東京市で自殺した中学2年の長男(14)が父親から暴行

されていた事件で、傷害容疑で逮捕された父親の村山彰容疑者(4

1)が、自殺前に行った暴行の直後、長男に「24時間以内に首で

もつって死んでくれ」と迫っていたことが1日、捜査関係者への取

材で分かった。

 

警視庁田無署は長男が自殺するきっかけになった可能性があるとみ

て詳しい経緯を調べる。

 

同署によると、長男は7月29日午後1~2時ごろ、都営アパート

の自宅で、村山容疑者から顔や腹を殴られるなどし、翌30日午前

8時50分ごろに首をつって自殺しているのが見つかった。

 

村山容疑者から事情を聴いたところ、この暴行の直後に「死んでく

れ」などと迫っていたことを認めたという。

 

同居する母親は「3~4年前から暴行が始まり、今年6月ごろから

激しくなった」と説明。

 

長男の中学校の担任は今年と昨年の2回、長男の顔のあざに気づい

て事情を聴き、暴行を受けていることを把握したが、児童相談所へ

の通告などはしなかった。

 

 

村山容疑者は6月中旬、中学校に「体調が悪いので休ませる」など

と連絡。

 

長男は同月13日から登校しなくなっていたといい、同署は村山容

疑者が虐待の発覚を免れようと長男を休学させ、暴行をエスカレー

トさせていったとみて詳しい経緯を調べている。

 

同署は1日、村山容疑者を送検した。

 

 

「産経ニュース」より抜粋。

 

 

 

皆さんはどう思われますか?

 

どういった生活環境なのか解りませんが、子供に暴行をしていてそ

れを苦にしてなのか?父親に言われて自殺したのか?

 

 

なんで自分の子供に手を上げるのか、昔自分の親からはけっこう手

を上げられました。

 

でも今にしてみれば教育の一環だと、大人になってから解りました。

 

当時は暴力だとは思っていませんでした。

 

現代は教育と暴力の区別が付きにくい時代です。

 

多少の行き過ぎで、暴力行為はあったとしても、「24時間以内に

首でもつって死んでくれ」と絶対言えないです。

 

親 失格ですネ!!!!