再び空へ奇襲-零戦からMRJ

2014年10月13日経済MRJ, 三菱リージョナルジェット, 小型ジェット旅客機経済, 三菱リージョナルジェット, 小型ジェット旅客機

経済

再び空へ奇襲-零戦からMRJ

 

 

“メード・イン・ジャパンの小型ジェット旅客機”の周りには、黒

山の人だかりができた。

 

英ファンボローで7月に行われた航空ショー。三菱航空機が売り込

みを図る「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の模型などが展

示されたブースは熱気に包まれていた。

 

「まだ実際に飛んでいない飛行機だが、競合機より2割優れた燃費

や室内の広さなどの技術面、飛行開始後の具体的なサポート体制を

ひたすら丁寧に説明することで信頼を少しずつ得てきた」。川井昭

陽社長はこう手応えを示す。

 

 

採算ライン目前

 

航空ショーでは、ミャンマーの「エア・マンダレー」から10機の

受注に成功。

 

総受注数はこれで、最大25機の納入を決めている全日本空輸分を

含めて335機となった。

 

今後20年で2500機という最終目標にはまだ及ばないものの、

100人乗りクラス機の採算ラインとされる400~500機はも

う目の前だ。

 

航空ショーでは、別の日本企業も脚光を浴びた。

 

米ボーイングの次世代大型旅客機「B777X」に搭載予定の米ゼ

ネラル・エレクトリック(GE)製エンジン「GE9X」。

 

このエンジンの10%以上の開発・製造を担当するIHIだ。

 

「確実な収益が見込める将来性のあるプログラム。全社を挙げて取

り組む」。GE9Xのセレモニーであいさつに立った満岡次郎航空

宇宙事業本部長は笑顔を見せた。

 

IHIのブースには、欧州エアバスの新型機「A320neo」の

エンジンに採用される炭素繊維複合材の部品も展示された。

 

日本企業は今や、世界の航空機製造の現場で大きな存在となりつつ

ある。

 

ボーイングの最新鋭旅客機「B787」で機体の35%、「777

X」でも21%の開発・製造を担当する。

 

特に、燃費が重視される最近の旅客機には、軽量で耐衝撃性能の高

い日本製の炭素繊維複合材料が不可欠となっている。

 

 

ホンダは半世紀

 

MRJに先駆け、平成27年春の初号機納入が視野に入っているの

が、ホンダが開発を進めてきたビジネスジェット機「ホンダジェッ

ト」だ。

 

創業者の本田宗一郎氏が「軽飛行機を開発したい」と、航空機産業

への参入を宣言した昭和37年から実に半世紀の時を経て、ようや

く実現する。

 

MRJやホンダジェットの開発で、再び世界の空に羽ばたこうとし

ている日本の航空産業。

 

ただ、MRJのような100人クラスの旅客機は、航空機製造の2

強であるボーイングとエアバスが力を入れてこなかったからこそ、

参入が可能になったという側面もある。

 

海外メーカー関係者は「日本が100人以上の旅客機に手を伸ばせ

ば、ボーイングやエアバスは確実に潰しに来る」と真顔で話す。

 

 

数百万点の部品

 

この世界で欧米の壁はまだまだ高い。

 

旅客機の開発には、部品や製造方法の安全性を証明することが不可

欠だが、型式証明などのさまざまな基準は欧米で作られる。

 

実際、三菱航空機がMRJの開発に入る直前に、審査基準が一段と

厳しくなったという。

 

ただ、高い壁を乗り越えて、航空機を国内で製造することの意味は

大きい。航空機の部品は数百万点といわれる。

 

2万~3万点とされる自動車部品の数百倍だ。川井社長は「MRJ

が飛ぶことをきっかけに、国内でも重要部品などを製造する装備品

メーカーが育ち、航空産業が日本の国の産業として発展してほし

い」と話す。

 

足元では、コストを売りにする中国など新興国も追い上げている。

東大の鈴木真二教授(航空宇宙工学)は「今後、航空機には高度な

自動化がさらに求められる。こうした技術は産官学が連携して日本

が先導すべき領域だ」と指摘する。

 

日本は低コスト競争に振り回されるのではなく、付加価値での勝負

が求められる。

 

戦後70年を来年に控え、日本の航空産業は、再び挑戦の時を迎

えている。

 

 

「産経ニュース」より抜粋。

 

 

三菱リージョナルジェット(MRJ)は零戦の再来になるのか?

 

2割優れた燃費や室内の広さなどの技術面を売り込んで、信頼を少

しずつ得てきたようですね。

 

日本の技術ってすごいですね!!!!

 

燃費が重視される最近の旅客機には、軽量で耐衝撃性能の高い日本

製の炭素繊維複合材料が不可欠となっているようですね。きっと他

の国にはまねが出来ないのでしょうね。

 

日本が航空産業に参入するには、まだ高い壁があるようで欧米の嫌

がらせがあるみたいでセコイナ~。

 

それには負けないで、高い壁に挑んでください。