マー君「早く手術すべきだ」とやまぬ大合唱

スポーツヤンキース, 田中将大スポーツ, 田中将大

スポーツ

マー君「早く手術すべきだ」とやまぬ大合唱

 

 

 

野球選手がキャッチボールをしただけでトップニュースになるのは、

メジャーでも今、ヤンキースの田中将大投手(25)の他にいない

のではないか。

 

右肘靱帯の部分断裂でDL入りしている田中将が開始した、本格的

なリハビリの一環。他の靱帯を右肘に移植して再建する「トミー・

ジョン手術」を、チームドクターを含む3人の専門医が下した判断

は「回避」。

 

だが、別の専門医や肘を故障した経験者から発せられた「すぐにで

も手術を受けるべきだ」の声は今もってやまない。

 

まず、全米を揺るがし続けるキャッチボールの内容は-。ヤンキー

スタジアムの平らな外野グラウンドを使って、4日には27日ぶり

にボールを握り、5メートルのトスから始めて60フィート(約1

8メートル)まで距離を延ばして計50球。

 

翌5日は同じ18メートルをやや力を入れて50球。6日は休み、

7日にロスチャイルド投手コーチと最長90フィート(27メート

ル)を25球。次第にしっかりしたキャッチボールになってきた。

 

隣にはトレーナーが付きっきりで、1球ごとに右肘の具合を確認す

る姿が見られた。

 

田中自身は「投げる前はわくわくしていた。久しぶりボールを投げ

られたので、いい時間が過ごせた。不安は特になかった」と笑顔が

戻ってきた。見守るジラルディ監督も「すべてはうまくいってい

る」と喜んだ。

 

キャッシュマンGMは復帰時期を「目安はあっても言えない」とし

ながらも、「(9月で)間違いない」とまで言い切った。

 

7月14日に、組織の修復、再生を目指して自身の血小板を使った

PRP(多血小板血漿)療法の注射を受けた。その後、痛みは引い

てきたという。

 

キャッチボールを行う姿やその表情を見ていると、リハビリは順調

そのものに見える。だが、今後の田中将を考えると、安心してばか

りもいられない。

 

米メディアにはさまざまな意見が寄せられている。

 

ESPNには専門家と称するメールが殺到。「たとえ今季中に復帰

できたとしても、また肘を痛めることになる。そうなる前に手術す

る方がいい」「PRPは損傷した靱帯を100%元に戻すことはで

きない。手術しないのならまた痛くなる」…など。

 

右肘の状態が戻り、今回のDL入りから無事復帰して、マウンドに

立てるようになったとしても、再びパンクしてしまう可能性は高い

という。そうなれば、もう復活の道は「手術」しか残されていない。

 

ヤンキースと田中将はこの先、難しく、微妙な決断を迫られていく

ことになる。

 

ニューズデー紙は「9月に戻ったとしても将来のけがのリスクは非

常に大きい。手術すれば2015年、彼はいなくなる。7年1億5

500万ドル(約160億円)の契約を結んだチームにとって、そ

れは厄介な先行きだ」と伝えた。

 

1日も早く手術すべきなのか。昨年6月、メスを入れたカブスの藤

川は14カ月、437日で戻ってきた。

 

 

「産経ニュース」より抜粋。

 

 

ヤンキースのマー君、右肘靱帯の部分断裂でDL入り。

 

厄介ですね!!!

 

手術をしないでPRP療法を選択したようだが、不安を残しながら

毎年勝負して短命で終わるよりも、手術して1年間棒に振ってでも

長期間勝負したほうが、彼にとって楽であろう思う。

 

スターである自分のプライドがそうさせたのかな~。

 

どっちにしろ最後まで燃え尽きてください。