巨人 川口投手コーチ“KY”投球に苦言

スポーツKY投球, 巨人, 沢村スポーツ, 巨人, 沢村

スポーツ

巨人 川口投手コーチ“KY”投球に苦言

 

 

G沢村、4失点KOもドコ吹く風 川口投手コーチ“KY”投球に苦言

  

21日のヤクルト戦(神宮)で3週間ぶりの先発マウンドに立った巨人の

沢村拓一投手(26)。

 

チームは延長戦の末に勝ったものの、6回途中4失点でKOされた沢村に

対し、川口和久投手総合コーチ(55)はカンカン。

 

ところが当の本人はどこ吹く風で、投球への手応えを語る驚異のKYぶり。

チームの激闘をよそに孤高の剛腕はどこまでも我が道を行くのか。 

 

「状況を考えて、流れを読んで投げないといけない」。川口コーチが問題

視したのは、1点を奪いリードが3点に広がった直後の6回の“KY”な

投球だった。

 

沢村は1回に四球と二塁打で先制の1点を許したが、2回からは立ち直り

1人も走者を出さない投球を続けていた。

 

だが6回2死一塁、打席には3年連続セ・リーグ本塁打王のバレンティン。

「あそこは中途半端になってはいけない。本塁打が一番ダメ。四球でもい

い」(川口コーチ)

 

夏休みで観戦に来た少年ファンでも分かることだが、1-2と打者有利の

カウントから沢村が投じた147キロ直球はシュート回転してど真ん中へ。

 

左翼スタンド最上段への2ランで1点差に迫られ、続く雄平にも左前打さ

れたところでKO。2番手の田原誠が畠山に2ランを浴び、試合をひっく

り返された。

 

7月13日の阪神戦(東京ドーム)でも、2点リードの7回2死満塁で代

打・関本に逆転満塁本塁打を被弾。川口コーチが「やられ方がいつも一

緒」と嘆くのも当然だ。

 

「試合の流れを読んで頭を使わないと。立派な大人なんだから、大人にな

らなきゃいけない」と説教したが馬耳東風だったようだ。

 

まだ勝敗が決していない時点で、球団広報を通じて伝えられた沢村のコメ

ントは次の通り。

 

「立ち上がりにバタついてしまったが、全体的にストレートはよかったと

思う。右打者へのアウトローの制球は安定していた。ただ本塁打のボール

はシュートして真ん中に入ってしまい、今日の登板で特に反省しないとい

けない1球です」。あくまで自分が投げた球への満足度を語る、内なる戦

いへの自己採点だった。

 

試合後も同様。「2回以降はよかった。回の途中で下りたのは他の人に迷

惑をかけた。次の登板ではしっかり締めたい」とひたすらに前向き。

 

見方を変えれば、シーズン大詰めのどんなに重圧のかかる一戦でも、マイ

ペースで登板できる強心臓ともいえるが…。

 

川口コーチは戦前「ダメなら即2軍」とラストチャンスを強調していたが、

試合後は「今後はこれから。監督と話して」とトーンダウン。

 

主戦の菅野が故障離脱中で先発がコマ不足のためだ。コーチの教えが沢村

の心に響くかは怪しいところだが、持ち前の“超絶KY力”がチームを救

う日はやってくるだろうか。

 

 

「夕刊フジ」より抜粋。

 

 

“KY”投球ってなんだ??????

 

ネット検索で“KY”で調査。

 

“KY” = 空気を読めない。

 

去年までは結構活躍した選手なんだけど・・・・・

 

大先輩の「沢村栄治」投手になれないね。

 

でも今はエースの菅野戦線離脱しているので、何とかチームの勝利に貢献

してリーグ優勝に導いて欲しいですね。