「花子とアン」クランクアップ

エンタメ吉高由里子, 花子とアンエンタメ, 花子とアン

エンタメ

「花子とアン」クランクアップ

「花子とアン」クランクアップ 花子役の吉高さん「本当に幸せな毎日で

した」

NHKの連続テレビ小説「花子とアン」が26日、横浜市内のスタジオで

クランクアップした。

 

ヒロインの村岡花子役を演じた吉高由里子さん(26)は約10カ月に及

んだ撮影を振り返り、「手放すのが名残惜しいというか、自分で壊してし

まいたいくらい愛しい作品になりました。

 

『花子とアン』に出られてすごく良かったし、本当に幸せな毎日でした」

と、目を潤ませながら語った。

 

撮影は昨年10月のクランクイン後、横浜市内のスタジオや山梨県などで

行われた。

 

この日はラストシーンの撮影後、共演陣やスタッフから吉高さんに花束が

贈呈された。

 

花子の“腹心の友”こと、葉山蓮子役を演じた仲間由紀恵さん(34)は

「蓮子はとにかく強くて情熱的な役。最初は演じられるか不安でしたが、

吉高ちゃんが頑張る姿を横で見ていて頑張ることができました」と、笑顔

で吉高さんに語りかけていた。

 

「花子とアン」は、山梨の貧しい家庭に生まれ、東京の女学校で英語を学

んだのち、故郷での教師生活をへて翻訳家の道へ進んだ花子の生涯を描い

た作品。

 

平均視聴率は25日までで22・6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

と、高い水準を保っている。

 

最終回は9月27日に放送。同29日からは「マッサン」が放送される。

 

 

「産経ニュース」より抜粋。

 

 

幸せを感じながら演技が出来たとは、いいことですね!

 

吉高さん。ほんとうにご苦労様でした。