率直で圧倒的な「吉田調書」公開

社会吉田調書, 福島第1原発事故社会, 福島第1原発事故

社会

率直で圧倒的な「吉田調書」公開

 

 

産経新聞は、東京電力福島第1原発事故に関し、政府事故調査・検証委員

会が吉田昌郎所長から聴取した「吉田調書」の全文を入手しました。

 

 

聴取は事故発生から5カ月後から計13回行われ、最終報告は約400

ページにも及ぶ膨大な分量ですが、読み始めると止まらないほど証言は率

直で圧倒的です。

 

悪化する事態への焦燥感、当時の菅直人首相ら官邸の介入に対するいらだ

ちも、吉田氏は隠すことなく生々しく語っています。

 

不思議なのは、同じ調書を入手した朝日新聞が、吉田氏自身が明確に否定

しているにもかかわらず、現場関係者が吉田氏の命令に背いて「撤退」し

たと断じていることです。

 

産経新聞は全10回で調書の詳報を報じていきますが、いまだに政府は

「吉田調書」を全面開示していません。これまた首をかしげざるを得ませ

ん。(政治部編集委員 佐々木美恵)

 

 

「産経ニュース」より抜粋。

 

 

日本で有ってはならない重大災害が起きた、あの東京電力福島第1原発事

故。

 

そこの現場の所長である吉田氏の事情調書(吉田調書)が公開されてよう

です。

 

産経新聞ではその詳報を10回に分けて報じるそうなので、私はこの「吉

田調書」は、未来の人たちにも現場の指揮官の取った行動がいかに大変な

のかを思い知らせるために、このブログ通して配信して行きたいと思いま

す。