iPhone6、あす予約開始

2014年10月13日経済iphon6, スマートホン経済, スマートホン

経済

iPhone6、あす予約開始

 

 

携帯3社、キャッシュバック競争再燃「避けられない」

 

 

米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)の最新機種「iPhon

e(アイフォーン)6」と「6プラス」の発表を受けて、NTTドコモ、

ソフトバンクモバイル、KDDIの携帯電話大手3社は10日、新機種の

予約受付を12日午後4時から始めると発表した。

 

人気モデルの待望の新機種は新規契約獲得の目玉商品だけに、各社の販売

競争が激しくなるのは必至。市場では、現行機種で繰り広げられた多額の

キャッシュバック(現金還元)サービスの再現を予想する声も出ている。

 

 

「いつから予約できるのか」「実物はないのか」

 

都内の家電量販店「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」(東

京都千代田区)では10日昼頃から、アップルの「6」発表の報道をみた

来店客の問い合わせが相次いだ。

 

同店の三好誠マネージャは「画面が大きいし、話題の商品なので昨年以

上に期待できそうだ」と、新機種への手応えを早くも感じている様子。早

速「9月12日から予約開始致します」と書いたボードを設置して顧客の

囲い込みを始めた。

 

「6」登場の影響について、市場調査会社のMM総研は「アンドロイド

系スマホが売れない中、売れ筋のアイフォーン新モデルでキャッシュバッ

ク復活は避けられない」とみる。

 

現行機種「5s」「5c」の発売時は、ドコモが参入し、アイフォーン販

売で大手携帯3社がそろい踏みとなったことから一段と顧客獲得競争が激

化。

 

スマホ需要が増えた今春の年度末商戦では、番号持ち運び制度(MNP)

を利用して通信事業者を変更する顧客へのサービス合戦が過熱し、家族4

人で10万円還元など販売促進に多額の現金が乱れ飛んだ。

 

総務省がこうした競争の行き過ぎを問題視し、販促費の負担感も増して

いた各社の自粛で、その後、キャッシュバックはなりを潜めた。

 

だが、アイフォーンを販売で先行したソフトバンクは「古い機種の契約者

層が多く、草刈り場になりかねない」(MM総研)といった事情もあり、

サービス合戦の再燃が見込まれる。

 

キャッシュバックについて、3社は「本音はやりたくないが、他社がや

れば追わざるを得ない」と口をそろえる。

 

MNP利用の転入出数は、新規契約から解約を引いた純増数への影響が大

きいだけに、1社が口火を切ればキャッシュバックは一気に広がりそうだ。

 

 

「産経ニュース」より抜粋。

 

 

進化し続けるスマホ。そして後退し続ける人の骨格や生活環境。

 

昔の学生時代は外で遊んで学んで育ちました。

 

今は外で遊んだり学ばないで、暇さえあればスマホで遊んだり学ぶ学生が

大半を占めてる状態です。

 

これでいいのでしょうか?

 

子を持つ親として心配です。

 

いずれガラケーに戻ります。韓国ではその兆しが出てる様子です。