周囲も認める菅元首相の激高ぶり、朝日はなぜ擁護したのか

社会吉田氏, 朝日, 菅氏社会, 朝日, 菅氏

社会

周囲も認める菅元首相の激高ぶり、朝日はなぜ擁護したのか

 

 

政府が11日に公開した東京電力福島第1原発事故にかかわる政府事故調

のヒアリング記録の中で、現地対策本部長を務めた池田元久元経済産業副

大臣の証言が注目を集めている。

 

事故発生翌日の平成23年3月12日早朝、現地を訪れた菅直人首相(当

時)が、誰彼かまわず怒鳴り散らす様子が活写されているからだ。

 

 

「数少ない場面」?

 

「イラ菅にしても今日はひどすぎる」「大荒れでした」「大変な激高」…。

 

これに対して菅氏自身は今月17日付の自身のブログで「怒鳴ったとい

う意識はない」「全くの誤解だ」などと否定している。だが、池田氏が政

府事故調に対してこう指摘している部分については触れていない。

 

「非常に遺憾なのは、(菅氏が)打ち消しにかかって、あの日以外はほ

とんど冷静だったと朝日(新聞)の記事で言わせたり」

 

これを読み、かつて朝日の長期連載企画「プロメテウスの罠(わな)」

に覚えた強烈な違和感を思い出した。24年度新聞協会賞も受賞したこの

名物連載記事は、菅氏の原発視察の場面(24年1月27日付)で次のよ

うに記していたからである。

 

「このときの菅は憤りを隠さなかった。本人も否定しない」

 

「3月11日以来、菅が感情をむき出しにした数少ない場面だった。し

かしこのときのイメージが『怒鳴り散らす菅』の印象を増幅させた」

 

朝日は24年1月4日付の同連載記事でも「(事故発生3日後の)菅の口

調は落ち着いていた」と描写していたが、震災発生後の菅氏が周囲に当た

り散らし、怒鳴りまくっていたことは当時、首相周辺を取材していた記者

には当たり前の常識だった。首相秘書官からは直接、こんな話も聞いた。

 

「菅さんがあまりに感情的に怒鳴りつけてくるので、秘書官同士で『き

ょうは何ミリ菅シーベルト被曝(ひばく)した』とか言い合っている」

 

また、首相周辺の一人は夜回りの記者団に「いま菅さんから電話がかか

ってきたけど、『あうあうあう』と言うばかりで何だか分からないから適

当に切ったよ」と言い放った。

 

こうした実態を日々うんざりするほど見聞していた身にとって、朝日の

記事は不可解そのものだった。

 

 

吉田氏「怒り狂う」

 

朝日は菅氏が感情をむき出しにしたのは数少ないと強調し、菅氏は現在、

朝日に対し認めたその数少ないという事例すら、相手の受け止め方の問題

へとすり替えようとしている。

 

だが、第1原発元所長の吉田昌郎氏も政府事故調のヒアリングに対し、

菅氏が東電本店に乗りこんで「演説」した際のことをこう語っているでは

ないか。

 

「ほとんど何をしゃべったか分からないですけれども、気分悪かった」

 

「かなり態度悪く、怒り狂って喚(わめ)き散らしていた」

 

朝日が取り消して謝罪した今年5月20日付の記事「所長命令に違反 原

発撤退」からも、こうした吉田氏が菅氏の激高ぶりを証言した部分は省か

れていた。

 

このときの《解説》記事は「事故の本質をつかむには一つひとつの場面

を具体的な証言から再現・検証する必要がある」と説く。ならばなぜ、現

場に介入した菅氏に関する具体的な証言は割愛したのか。

 

今月11日の朝日の記者会見でこの点を問うと、杉浦信之編集担当(当

時)は「意図があったとは全く考えていない」と答えた。何か事情でもな

い限り、ああいう記事にはならないはずだが。(政治部編集委員)

 

 

「産経ニュース」より抜粋。

 

 

イラ菅だから仕方ないじゃないですか・・・

 

でも朝日は、なんでイラ管を擁護するんでしょうか?

 

朝日は民主党要員なんですか?

 

自民も腐ってるけど・・・