リッター30キロ小型車の既成概念を壊した「新型デミオ」

経済マツダ, 新型デミオ経済, 新型デミオ

経済

リッター30キロ小型車の既成概念を壊した「新型デミオ」

 

 

群を抜く加速力、ディーゼル搭載、リッター30キロ…小型車の既成概念

を壊した「新型デミオ」

 

 

マツダは全面改良した小型車「デミオ」の予約受付を開始した。国内自動

車メーカーの小型車で初めてディーゼルエンジン搭載車を用意し、燃費性

能は1リットル当たり30.0キロと、ハイブリッド車(HV)や軽自動

車を除くエンジン搭載車で国内トップを走る。

 

小型車の既成概念を壊したという新型デミオの狙いや特徴を開発責任者の

土井歩主査に聞いた。

 

 

新型「デミオ」で狙ったことは

 

「まず、マツダのブランド構築だ。平成24年以降、『CX-5』『アテ

ンザ』『アクセラ』と(独自の環境技術スカイアクティブを搭載した)新

世代商品を送り出してきたが、デミオは第4弾。

 

これで主力の4本柱がそろい、マツダブランドの基礎が固まった。(野生

動物が走る動きを表現した)鼓動デザインでデミオを継承・進化させ、全

長4メートルのコンパクトなボディーに凝縮させたところが腕の見せ所だ

った」

 

「ビジネス面では、デミオは国内の最量販車種。新生マツダを感じても

らうために重要なクルマとして顧客基盤を構築したい。また、デミオは過

去3代とも常識を覆すことに挑戦してきた。

 

4代目はクラス概念の打破、つまり大きなクルマだから豪華で価値がある

というこれまでの既成概念を壊したかった」

 

 

新開発の小型ディーゼルエンジンなど、走りの面ではどうか

 

「(他の新世代商品に搭載した)2200ccほどの爆発的な加速力はな

いが、コンパクトカーとしては群を抜いている。また、どこまでも走って

いきたくなる長距離ドライブ性能に今回はこだわった。

 

かつてのコンパクトカーは市街地走行がメーンで長距離は二の次だったが、

新型デミオは大きなクルマからダウンサイズした人や、遠出してアウトレ

ットに買い物に行く人にも満足してほしい。そのために、骨格を含めて部

品をほとんど一から作り直した」

 

 

ディーゼル車は燃費や価格面でハイブリッド車(HV)と対決することに

 

「お客さまからみればHVと同じ価格帯で、対抗とみられるかと思うが、

クルマとしてはまったく違う。HVは燃費を、われわれのスカイアクティ

ブは走りを訴求している。

 

実用燃費などのランニングコストでHVと対等に戦える能力も持つが、軸

はそっちより運転の楽しさに置いている。ファッションの世界もいろんな

メーカーが選択肢としてあるように、クルマの動力源も自分の特性に合わ

せた選択肢が増えていると理解してもらいたい」

 

 

170万円台からの価格帯はディーゼル車としては安い。

 

170万円台からの価格帯はディーゼル車としては安い。新型デミオでデ

ィーゼル市場がどのぐらい伸びると期待するか

 

「どのぐらい伸びるか予想するのは難しいが、海外のプレミアムブラン

ドもいまでは日本向けにディーゼル車を投入している。バブル時代にはデ

ィーゼル市場が8%台あったが、それぐらいのシェアは出てくるかなと。

 

原油からガソリンを精製する際に軽油も一緒にとれるが、使わずにどんど

ん輸出している。国内で消費されることが経済的にもリーズナブルだ」

 

 

輸入車と比べたマツダのディーゼル車の強みは

 

「マツダのディーゼルエンジンの特徴は窒素酸化物を処理する後処理装

置をつけずに、ポスト新長期規制やユーロ6などの排ガス規制に対応でき

る。欧州メーカーは後処理装置をつけなければいけないため、コスト的な

アドバンテージがある。

 

また、燃焼自体を画期的に改善しているため、燃費がいい。プレミアムブ

ランドではないが、プレミアムブランドからもベンチマークの対象になっ

ている。ただ、ディーゼルは欧州が本家本元であり、向こうも黙ってはい

ない。止まっているとすぐ追い越されるため、さらなる改善を進めていく

ことになる」(田辺裕晶)

 

新型デミオの価格はガソリン車が136万円からで、26日に発売。デ

ィーゼル車は178万円からで、10月23日に発売する。月間販売目標

は5000台を掲げており、半分はディーゼル車が占める見込みという。

 

 

「産経ユース」より抜粋。

 

 

ディーゼルエンジンで、リッター30キロをマークした「新型デミオ」。

 

そして170万円台からの価格帯はディーゼル車としては安い。

 

HVを意識したと思いますが、燃料代がガソリンより安い上に燃費は市内

でおそらく25キロはいくでしょう。

 

価格も低く抑えている。

 

これじゃ天下のトヨタもびっくりで賞・・・・・