ここが変だよ、アジア大会 トラブル続き…

2014年10月13日スポーツ仁川アジア大会スポーツ

スポーツ

ここが変だよ、アジア大会 トラブル続き…

 

 

フェアプレーの精神どこへ?

 

いっそのこと「日本にだけは負けたくない」と対抗意識をはっきり示し

てくれる方がまだいい。

 

仁川アジア大会は韓国の日本に対する姿勢はフェアじゃなかった。日本の

ホッケー男子チームが韓国の高校生に配ったピンバッジが「旭日旗」を連

想させるとクレーム。

 

バドミントン会場の空調は日本戦のときだけ不自然な風が起こる。証拠は

ないし真偽ははっきりしないが、なんだかいやな感じだった。日本選手も

窃盗事件を起こし、あまり偉そうなことは言えないけれど…。

 

 

時代錯誤

 

ピンバッジ事件が起こったのは9月16日だった。ホッケー男子日本代

表が仁川市内の高校で練習した後、見学していた生徒に協会のピンバッジ

を配った。

 

ピンバッジ交換は国際大会ではすっかり定着した慣習で、マニアも多い。

ホッケー代表はこれまでも韓国との親善試合でピンバッジ交換をして何の

問題も起こっていなかった、

 

ところが、今回に限ってはバッジを見た学校関係者がアジア大会組織委

員会に抗議。ホッケースティックをあしらった三角形の中で赤い半円から

放射状に線が延びたデザインは旧日本軍の旭日旗を連想させる、というも

のだった。

 

日本オリンピック委員会(JOC)は「協会のピンバッジを配っただけ

で何も問題はない」との立場を示し、大会組織委も抗議を受理しただけに

とどまり、それ以上の大きな騒ぎにはならなかったが、日本としては本番

前に気勢をそがれた感が否めない。

 

ホッケー日本代表は男女とも1次リーグで韓国に黒星を喫した。

 

 

仁川の風

 

バドミントンの「疑惑の風」問題もすっきりしない。

 

「第2ゲームから不利な向かい風が吹いた。最終ゲームでサイドが入れ

替わったら、また向かい風になった。さすがに不可解」

 

9月21日の男子団体準々決勝。韓国に敗れた日本代表の舛田圭太コー

チ(35)は、場内の風が日本に不利になるように操作された可能性があ

る、とJOCに報告した。

 

「風が吹いた」のはシングルスのエース田児賢一(25)が格下選手に

逆転負けした試合。田児は相手の打球が伸び、自分のショットが失速する

向かい風を確かに感じた。

 

室内競技のバドミントンも熱中症対策で空調を使うことが増えたが、シ

ャトルは5グラム前後で風の影響を受けやすい。

 

大会組織委は即座に風の操作を否定。韓国紙「中央日報」などによると、

組織委の調整官は「空調装置に風量を調節する機能はない」と主張。

 

会場は9月20日に電力使用量が増えすぎて停電が起きたため、日本-韓

国戦で「風が吹いた」21日は空調を1時間稼働、30分間停止の動作を

繰り返していたという。「審判委員長も冷房を点検し、問題がないと確認

した」との調整官の談話もあった。

 

早い話が「風が吹いた」という証拠はどこにもなく、疑惑は事実無根と

いいたいのだろうが、前日の停電の話を持ち出しても全然説得力がないし

「審判委員長も冷房を点検し、問題がないと確認した」といっても試合と

別の日にいくら点検したって試合当日の状況は何もわからない。

 

問題の試合の現場にいた選手や役員、観客への聞き取り調査や、ビデオ映

像の検証などもっと突っ込んだ調査をするべきだ。

 

 

2014年8月、少年野球の世界一を決める「リトルリーグ・ワールド

シリーズ」が米国で行われた。

 

日本代表の東京北砂は準決勝で韓国に敗れた。試合後の記念品交換で受け

取ったのは青地に「KOREA」のネーム入りTシャツだった。

 

翌日の決勝。韓国の選手が観客席を見て喜びの声を上げた。敗れた日本

チームが全員その青いTシャツを着て、自分たちを応援している姿を見つ

けたのだった。ライバルの声援を受け、韓国は快勝し1985年以来の世

界一に輝いた。

 

 「僕らに負けた日本の仲間が応援してくれたのが、一番の思い出」。

 

韓国の主力選手がつぶやいた。フェアプレーと友情。勝つことだけがす

べてではない。

 

 

「産経WEST」より抜粋。

 

仁川アジア大会はよく観ていなかった判りませんでしたが、偶然なのか?

嫌がらせなのか?

 

ピンバッジが、旧日本軍の旭日旗を連想させると言うことだが、なんかこ

じ付けみたいですね。

 

バトミントンにしてもちょっとした風でも影響を受けるは、だれでも判る

事でしょうが・・・。

 

それでも最後の記事を読んで、ホッとしました。

 

韓国の選手から

 

「僕らに負けた日本の仲間が応援してくれたのが、一番の思い出」。

 

なんか感動しました。