「iPhone6買えない!」まるで反日デモ?

2014年10月13日経済アイフォーン6, アップル経済, アップル

経済

「iPhone6買えない!」まるで反日デモ?

 

詰め寄る中国人100人VS日本警察50人 騒動招いた店の〝仕掛け〟

 

徹夜組が出るほどの熱気に包まれた米アップルの新型スマートフォン

「iPhone(アイフォーン)6」と「6プラス」の発売。9月19日、

米アップルの直営店「アップルストア」には大勢の中国人が殺到した。

 

ほぼ全量が中国本土で製造されているものの、その中国が日米欧や香港な

どの先行発売地域から外されたためだ。日本で発売される端末をそのまま

高く転売しようとする動きもあったとされる。

 

大阪の「アップルストア」では、在庫が切れて買えなかった中国人とみら

れる客が店内外で大声を上げてヒートアップ。警察官約50人が駆けつけ

る騒動にまで発展した。〝アップル狂想曲〟の現場を追った。

 

 

御堂筋で何が…

「転売じゃないよ。ワタシタチ使うため。ワタシタチ自分で使うんだ

よ!」

 

9月19日の夕方、大阪のメーンストリート御堂筋に面した「アップル

ストア心斎橋」(大阪市中央区西心斎橋)。記者が発した不用意な言葉が

中国人の怒りの火に油を注いでしまった。

 

恐る恐る「転売目的で買う人もいると聞きましたが…」と中国人グルー

プの一人に質問したのがいけなかったのか-。

 

携帯電話会社を自由に選べ、海外でも自由に使えるSIMフリー版。新

製品段階で、そのSIMフリー版が販売されたのは今回が初めてだった。

 

米アップルは9月22日、「アイフォーン6」と「6プラス」の販売台数

が米国や日本などで、発売後の3日間で計1千万台を超えたと発表。前機

種の900万台を超えて過去最多のペース。

 

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は声明で「販売台数はわれわ

れの予想を超えている」とうれしい悲鳴を上げる。

 

ところが、中国ではそのアイフォーン6の発売日が決まっておらず、日

本で発売される端末をそのまま高く転売しようとする動きも指摘されてい

る。

 

最新のアイフォーンを手にすることは、中国ではそれなりのステイタス

なのだろう。ネット上では、〝行列要員〟を雇うなどの組織的動員を疑う

声もあった。

 

アップルストア心斎橋の前にいた中国籍の男性は、転売目的の購入を明

確に否定。男性は周りの仲間になだめられながら冷静さを取り戻し、こう

続けた。

「みんな怒ってるよ。在庫少ないなら早めに教えてほしい」

 

 

「とにかく怒鳴り声がすごい」

一体、ミナミで何が起きていたのか。

アイフォーンが発売された9月19日の夕方、アップルストア心斎橋の

前の歩道は物々しい雰囲気に包まれていた。

 

「立ち止まらないでください!」

 

声を張り上げる警官。続々と集まってくるテレビクルー。テレビカメラ

はアップルストアの店内を狙っていたが、青色のTシャツを着たスタッフ

がいるだけ。外にいたスタッフに声をかけると、「本社に問い合わせてく

ださい」とにべもない。

 

「中国語なので言葉は分からなかったが、とにかく怒鳴り声がすごかっ

た」。大阪市の会社員の女性(32)が騒動を振り返った。

 

女性によると、中国人とみられる客の中には、片言の日本語で「ナンデ

売ってくれないの?」と店員に詰め寄っていたという。

 

近くでチラシを配っていたアルバイトの女性(25)も「よく分からな

かったが、なんかすごくもめているみたいだった。午後4時ごろに、人が

どんどん集まってきて、物々しい感じだった」と振り返る。

 

「中国人100人が店に押しかけてきて、一部が暴れている」

 

大阪府警南署によると、アップルストア心斎橋から110番があったの

は19日午後4時ごろ。署員が駆けつけると、店内の1階に約30人、店

の前の歩道上に100人以上の客が集まっていた。

 

中国人とみられる客らが「アイフォーンを買うために中国から来て48

時間も並んだのに、品物がないとはどういうことだ」などと大声で騒いで

いたという。

 

中国語の怒号が飛び交う御堂筋。これは穏やかではない。

 

暴徒化して日系スーパーを傍若無人に襲撃した中国の「反日デモ」を想

起した人々もいたに違いない。

 

最終的に、大阪府警のパトカー9台と警察官約50人が出動。店の前を

走る御堂筋の側道を歩行者用に確保して交通整理をするなどし、騒動は約

1時間で沈静化した。

 

 

何気ない店員の一言が…

 2日も前から列に並んできた中国人によると、中国人グループの怒りに

火を付けたのは、何気ない店員の一言だった。

 

「在庫がなくなりましたので、帰ってください」

 

御堂筋に面した店舗前で行列をつくっていた数百人の客に店員がこう声

をかけると、中国人らは片言の日本語や中国語で一斉に抗議。店舗前には

アイフォーンが手に入らないと知った中国人らが押し寄せ、店員に詰め寄

ったというのだ。

 

一方、周辺にいた日本人からは「ちゃんと並べよ」「マナーが悪い」と

いった声も上がったという。

 

大阪府東大阪市在住で自営業の中国人男性(36)は「『中国人は行儀

が悪い』という声も聞こえたが、中国人にもまじめな人はたくさんいるん

だ」と寂しそうに話す。

 

男性の言い分はこうだ。

 

「店員の対応が悪かった。『在庫がなくなったので帰ってください』で

は、中国人も日本人も納得しない。中国から来た人もいる。在庫がなくな

りそうなことが分かったなら、事前に教えてくれたらよかったんだ。アイ

フォーン6をどうしても手に入れたかったんだ」

 

30時間前から並んでいたという中国籍の男性(27)も「誠意がない

よ。わざと行列をつくって話題づくりをしているんだ」と吐き捨てた。

 

 

行列つくって〝話題〟狙う?

今回の騒動について、日本大法学部の福田充教授(危機管理論)は「行

列をつくって盛り上げていこうという店側の宣伝の仕方にも問題があっ

た」と疑問視する。

 

割り込みなどをめぐって、日本人客と中国人客がトラブルになることもあ

り、「街の安全や危機管理上の問題がある」というのが理由だ。

 

福田教授は「アイフォーンの販売台数が限られているなら、あらかじめ

告知を徹底しておくべきだった」と指摘。中国籍の男性は〝アップル狂想

曲〟の象徴ともいえる行列を「話題づくりだ」と話していたが、福田教授

も「そもそも公道に何日も前から行列をつくること自体、風紀上もあまり

良くない。行列については今後、自治体が条例を制定して規制するなど、

地域の中でルール作りをすべきだ」との認識を示す。

 

 

「産経WEST」より抜粋。

 

すみません。たかが「アイフォーン」でなんで騒ぎになるの?

 

されど「アイフォーン」ですか。

 

中国で生産して、先行発売が中国はしないとは、アップルもおかしな話だ

な~。

 

本当に限定発売なら、前もって告知等を徹底して何日も前から行列を作ら

ないように規制すべきだと思います。

 

だから私は、アップルの経営姿勢や製品が嫌いです。