リクルート峰岸社長「2030年に世界ナンバーワン」

経済リクルート経済

経済

リクルート峰岸社長「2030年に世界ナンバーワン」

 
東京証券取引所第1部に上場したリクルートホールディングス(HD)
の峰岸真澄社長は16日の会見で「2020年に人材領域で、30年に人
材・販促領域で世界ナンバーワンになる」と述べ、市場で調達した資金を
元に、積極的に企業の合併・買収(M&A)を進める意向を示した。

 

上場により「1千億円を超える買収案件が可能になる」として、これま
で数百億円規模だった買収対象を、飛躍的に拡大する方針を説明した。

リクルートHDは近年、M&Aによって海外事業の強化を図っており、
平成22年以降に出資・買収した企業は10社以上にのぼる。

M&A先の企業に「リクルートの経営ノウハウを投入し、買収時の事業
計画を上回る業績を達成してきた」(峰岸社長)という。

しかし、買収案件の中で大規模とされる米国での人材派遣事業でも「3
件の総額が7億3千万ドル(約774億円)」にとどまる。これまでのM
&Aは、大きいものでも200億~300億円規模だった。

ただ、リクルートHDは今回の上場で新規に1千億円を調達。さらに株
式交換方式による買収なども可能になるため、1千億円超のM&Aも視野
に入る。

巨額の買収費用が理由で断念していた案件にも手が届くようになり、
「財務戦略の多様性が広がる」(峰岸社長)ことが上場の最大の効果だ。

人材派遣事業は全世界で40兆円市場といわれ、今後も成長が見込める。
スイスのアデコ▽蘭ランスタッド・ホールディング▽米マンパワーグルー
プ-のトップ3は、年間2兆円超の売上規模だ。

 

今後は、数千億円規模の中堅企業以下を中心に、大規模な再編が起きる
とみられる。リクルートHDは上場によって、世界的な「再編の主役にな
る可能性は高い」(外資系人材派遣会社幹部)との見方もある。

潤沢な資金を背景とするM&Aの行方が、成長のカギだ。
「産経ニュース」より抜粋。
リクルートって人材派遣会社でしょ?

世界NO1になるという事は、それだけ失業者がいる事。

上場してM&Aで金儲け。

お金のある人は楽して儲けて、貧乏人は汗水たらしても所詮貧乏人という
構図はかわりませんね・・・・!