ミニスカ荻野目洋子、45歳で帰ってきた

エンタメ荻野目洋子エンタメ

エンタメ

ミニスカ荻野目洋子、45歳で帰ってきた

 
歌手荻野目洋子(45)が16日、20年ぶりとなるコンサートを東
京・赤坂ブリッツで開いた。

 

今年はデビュー30周年。子育てが一段落したタイミングと重なり、復
帰を決意した。ヒット曲「ダンシング・ヒーロー」などを歌い、ミニス
カートの衣装も披露。熱狂的なファンから大声援を浴びた。

ファンは冒頭から大興奮だった。「荻野目ちゃ~ん」の大声援があちこ
ちで沸き起こる中、客席の通路にスポットライトが照らされた。次の瞬間、
ショートカットの荻野目が現れた。

 

stinger5002

 

われ先にハイタッチや握手を求めるファンが殺到。押し寄せるファンを
かき分けるようにステージに進むと「みんなぁ~、会いたかったよぉ~」
と呼びかけた。これにファンは「おれもだよ~」と応じ、20年ぶりのス
テージが幕を開けた。

94年に発売したアルバムを引っさげた公演を行って以降、本格的なス
テージに立つことはなかった。

 

アイドル路線から脱皮をはかろうとクラブ系ミュージックに傾倒。ニ
ューヨークに渡って本場のボイストレーニングに取り組み、新しい音楽と
の出合いを求めてロンドンのクラブにも足を運んだ。

私生活の転機もあった。01年、妊娠4カ月で高校時代の同級生だったプ
ロテニス選手の辻野隆三と結婚を発表。

その後も04年、06年に出産し、音楽活動と遠ざかった。この日は、
当時について「燃えつき感もあった」と振り返った。「もう歌うことはな
いのかな」と考える日々だったという。

 

心境が変わったのは数年前。子供たちが12歳、10歳、8歳に成長。
音楽に対する意欲が再びうずき始めた。最近になってテレビ番組に数回出
演した。復帰を望む声が耳に届き、背中を押された。

「また歌ってもいいんだな」と思えた。本格的なボイストレーニングに
取り組み、テニスやサイクリングなどで体力アップにも励んだ。

 

今年8月には30周年記念アルバム「ディア・ポップシンガー」を発売
し、持ち前の高音に力強さが加わるなど自信も得た。

この日はソロデビュー曲「未来航海」や「ダンシング・ヒーロー」「六本
木純情派」など31曲を披露。

「歌うことで細胞がムクムクと広がっていく気がする」と、音楽あって
の自分を再認識。約2時間のステージを夫と3人の娘も会場で見守った。

今後については「家庭のこともきちんとやりながら音楽に向き合ってい
きたい」と話した。

 

荻野目洋子(おぎのめ・ようこ)

 

1968年(昭43)12月10日、千葉県生まれ。

84年「未来航海」でソロデビュー。「ダンシング・ヒーロー」など4
1枚のシングルと29枚のアルバムを発表。

87年アルバム「NON STOPPER」がオリコン年間ランキング
1位。姉は女優荻野目慶子。01年プロテニス選手の辻野隆三と結婚。3
女の母。血液型B。

 

「日刊スポーツ」より抜粋。
昔のアイドルスター 荻野目洋子。

約30年前の曲「ダンシングヒーロー」は、ノリがいくてカセットテープ
に録音して街中を車で流して遊んでいました。

懐かしいですネ!!!

「六本木純情派」も大好きでした。ボーイッシュでかわいかったです。

でも今は3人の子持ちですか・・・。

ライブ行きたかったナ~・・・