お尻にグラス?リアリティー番組の女王がヌードで魅せた写真に賛否

エンタメキム・カーダシアン, リアリティ番組エンタメ, リアリティ番組

エンタメ

お尻にグラス?リアリティー番組の女王がヌードで魅せた写真に賛否

 

カニエ・ウェストの妻でリアリティー番組の女王とも呼ばれているキム・カーダシアンが、PAPER誌でヌードに挑戦。その際に撮影された写真についてインターネット上で賛否両論が巻き起こっている。

同誌では「Break the Internet」(インターネットを破る)をテーマに、たびたびネットを騒がせているキムを起用。

同誌でキムはヌード以外にも、両手で持ったシャンパンの中身が、彼女のお尻に乗せられたシャンパングラスまできれいに弧を描いて入るというインパクトのあるポーズにも挑んでいる。

このポーズは、シャネルのCMなどを手掛けているフランスのアーティスト、ジャン=ポール・グードの作品「Champagne Incident」を基にしたもの。しかも写真は、ジャン自身によりパリで撮影されたという。

キムのInstagramで上げられた表紙とヌード時のグラビア画像には、それぞれ47万回、72万回の“いいね!”が押されている。彼女が「わたしは才能を持っていないと言われたわ。

お尻にシャンパングラスを乗せてバランスを取る才能はね(笑)」とツイッターでつぶやいたところ、瞬く間にリツイート数は2万回を突破。

これらの写真について、彼女の見事なプロポーションを褒めたたえるメディアもあるが、キムに対して、彼女はこの構図に意味は求めておらず、ただインパクトがありセクシーだからということしか考えていないと批判的なメディアも多いようだ。

TIME.comでは、マイリー・サイラスやマドンナが行ってきたポーズには目的があり、女性の性的関心などについて提起することができたが、彼女のお尻はドーナッツに見えるかどうかしか考えられないとコメントされ、Washington Postには「キムのお尻はインターネットを壊すには至らない。

なぜならば彼女の写真自体がインターネットを構築していくものの一つだからだ」とも書かれている。

 
gush2022

リアリティ番組とは

リアリティ番組(リアリティばんぐみ、Reality television)とは、事前の台本や演出のない、現実に起こっている予測不可能で困難な状況に、よく知られたプロの俳優などではない素人出演者たち(無名の芸能人なども含む)が直面するありさまを、ドキュメンタリーやドラマのように楽しめると謳ったテレビ番組のジャンル。

視聴者が参加する双方向番組の一種で、1990年代末以降、世界各地のテレビを席巻する人気を博している。

多くは「演技や台本ややらせのない出演者の行動をカメラが追う形式のテレビ番組」であるとしているが、演技・台本・やらせのある「リアリティ風番組」であるケースも含まれる。

ウィキペディアより

 

 
「msn エンタメ」より抜粋。

 
キム・カーダシアン ? 知らない。
写真見ると、出尻。すごいポーズだね!!

ちゃんとグラスに水(シャンパン?)が入ってますね。合成でなかったらスゴイナ~。