言葉の壁を越えたシェネルの歌に共感

エンタメアルバム, シェネル, シェネル・ワールドエンタメ, シェネル, シェネル・ワールド

エンタメ

歌手のシェネルが、アルバム「シェネル・ワールド」を2月11日に発売する。シェネルは、「ベイビー・アイラブユー」の英語カバーをはじめ、映画「BRAVE HEARTS 海猿」の主題歌「ビリーヴ」など、ヒット曲を送り出し、1000万ダウンロード突破の“ラブソング・プリンセス”の異名を持つ歌姫である。

日本に住んでいない外国人でありながら、言葉の壁を越え、多くの日本人の心に響いたシェネルの歌声の魅力とは? 改めてシェネルの人気の秘密を探ってみました。

 

日本語楽曲はシェネルの耳の良さに秘密があった

 

昨年は、ドラマ「ディア・シスター」の主題歌「Happiness」を歌い、美しい日本語の響きと心温まるスケールの大きなメロディーが、石原さとみと松下奈緒が演じた姉妹の愛に寄り添い、同ドラマのメイン視聴者である20代~30代女性のハートをわしづかみにした。

「Happiness」は、iTunesをはじめ配信サイトのランキングで30冠。また、歌詞にも注目が集まり、歌詞サイトの「歌ネット」で検索ランキングの1位に輝くなど、歌詞のフレーズを使った個人の動画やデコ歌詞がネットに掲載されました。

日本で活躍する外国人歌手の多くは、日本在住で日本語もペラペラという場合が多い。

しかしシェネルは、現在も米・ロスアンゼルス在住で、日本語も現在勉強中であるが決して堪能というわけではない。

それでも彼女が歌う日本語楽曲は、発音が非常に滑らかでまったく違和感がなく、むしろ日本人以上に美しく響いて聴こえる。

「日本語が喋れないけど、日本の歌の発音が凄く上手い」とTwitterでつぶやいているファンも少なくない。彼女のことをよく知らず、日本在住のハーフ歌手として認識している人も多いだろう。

言葉の発音やイントネーションを音で捉えることができる、「耳の良さ」というものがある。

彼女が初めて日本語曲を歌ったのは、久保田利伸の「Missing」だったそうだが、ロスアンゼルスのスタジオで日本人スタッフの立ち会いがなかったにも関わらず完璧に歌いこなし、それを聴いた日本人スタッフを驚かされたそうだ。

その耳の良さは、どのように培われたのか? シェネルは、マレーシア生まれのオーストラリア育ち。その後、ニューヨークを経由して、現在はロスアンゼルスに在住。彼女の話す英語には、その地域ごとに特有のアクセントがない。

きっと、様々な地域に移り住み、異なる文化(言語)の経験を繰り返して来たことで耳が鍛えられ、新たな環境にも自然と順応する能力が備わったのだろう。

英語の習得にはまずは耳からとよく聞くが、シェネルがJ-POPを歌うときにナチュラルな日本語で発音できるのは、そうした経歴もひとつの要因にあるようです。

 

歌詞の理解力や表現力の高さは幼少期のシェネルの人柄が影響

 

しかし、それだけで人を感動させることができるわけではない。加えて、表現力があるということも重要だと思う。

シェネルの担当ディレクターであるユニバーサル ミュージック合同会社Virgin Musicの永野陽三氏に尋ねたところ、「英語の曲だろうが、日本語の曲だろうが、同じ“歌”として捉えている」とのこと。

つまり、日本語の能力が完璧ではないながらも、そのメロディーが持つ雰囲気で曲のメッセージを感じ取り、それを歌で表現することができるというわけだ。

たとえば、70年代にカーペンターズの曲が日本でヒットしたのは、歌詞の意味が分からなくても、カレンの歌から多くの意味を日本人が感じ取ったからだ。

ホイットニー・ヒューストンも、日本人から愛された理由のひとつにも同様のものがあったと思う。

シェネルには、カーペンターズやホイットニーのように、そうした普遍的な人気を持ち得るポテンシャルが備わっていると言える。

実際にシェネルは、子どもの頃にカーペンターズなどを聴いて育ったそうで、彼女のメロディーに対する捉え方は、幼少期の体験もあるのかもしれない。

また、シェネルの人物像は、非常に愛に溢れた人柄として有名で、彼女の根底に流れる愛もまた、彼女の歌を支えるファクターのひとつになっている。

彼女が歌う時は、決して表面的ではなく、内面からわき出ているものが感じられる。

彼女が周囲に向ける詩は、スタッフだけでなく、日本のファンに対しても同様で、本人の希望もあって握手会や撮影会を積極的に開催している。

こうしたファンサービスを大々的に行っている海外アーティストは、他にはあまり見られない。

こうして彼女の歌うラブソングは、多くの人々の心に届き、昨年は結婚式で最も人気のあるアーティストとして「ISUM ブライダルミュージックアワード2014」で表彰された。

彼女の歌声に、ときには涙を流し、ときには胸がいっぱいになったりと、心を動かされるリスナーは非常に多く、TwitterなどSNSに多くのコメントが寄せられていて、そんな魔法のような歌だから、誰もがもっと聴きたいと思う。

2月11日には、ニューアルバム「シェネル・ワールド」が発売される。前作「アイシテル」から、ベストとカバーを挟み、約1年半ぶりのオリジナルアルバムとして、非常に期待がかかっている作品です。

「Happiness」をはじめ、愛を根底にした彼女の魔法の歌声がたっぷりと詰め込まれ、より進化した歌のテクニックも存分に聴くことができる。

さらに世界基準のダンスナンバーも多数収録されており、洋楽とJ-POPの良いところ取りのアルバムとして期待できそうだ。シェネルの“愛”は、今もなお大きく広がり進化し続けるであろう。
一部雑誌等の記事を抜粋して感想も紹介しています。