女性の髪に関する悩み解決 その4

2015年7月23日解決編シャンプー, , 頭皮解決編, , 頭皮

シャンプー

年々増え続ける女性の髪に関する薄毛・脱毛・ハゲ・抜け毛等の悩み、
ダイエットが起因する原因等を以前私が創刊していた(現在は廃刊)メ
ルマガをいくつか紹介しています。

 

頭髪チェックの仕方

 

頭皮色のチェック

まず自分の頭皮を見て下さい!
● 用意するもの

壁掛け用鏡と手鏡

 

● チェックの仕方

少し明るめのライトの下で頭皮を鏡に写してみて下さい。

頭頂部は合わせ鏡を使えば見えやすいです。!

 

さて、あなたの頭皮は何色でしたか?

 

下記A・B・Cの項目に近いと思われる記号を
選んでください。

 
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

☆ A・・・少し赤味のある色

☆ B・・・少し黒ずみのある色(くすみがある)

☆ C・・・青みがかった透明感のある色

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 
解答です!!!

 
【Aと答えた方】
頭皮のところどころに赤味やかゆみがある場合は注意が必要です。

頭皮が炎症を起こしデリケートな状態になっています。

シャンプー法やブラッシング法、ドライヤーの使い方を変えてみて下さ
い。

カラーリングやパーマ剤で炎症を起こす場合もあります。

また、寝不足やからだの疲れにより頭皮のバリア機能(外的刺激から守
ろうとする力)が低下し頭皮が赤くなる場合があります。

 

 
【Bと答えた方】
頭皮に少し黒ずみが見られくすみのある方は頭皮の血流が悪い証拠です。

頭皮が固く、肩や首に凝りがある方に多く見られるようです。

髪は酸素や血液を栄養源にして作られますので、血流の悪さは髪の老化
に繋がります。

ストレッチや頭皮マッサージをして血流を促しましょう。

また睡眠不足も血液低下に繋がるので良質な睡眠を心がけましょう。

 
【Cと答えた方】
青みがかった透明感のある色の方は、とっても健康な頭皮です!

十分な酸素と栄養が行き渡っている証拠です。

今の状態を維持しましょうね♪

 

 

頭皮の肌質をチェック

 

頭皮と髪のチェック!あなたの頭皮は脂性肌?乾燥肌?
● 用意するもの

 

あぶら取り紙

 

● 肌質のチェック方法
1回シャンプーをして、トリートメント剤は使用しないようにしましょ
う。

またドライヤーの使用は、半乾き状態にしましょう。

皮脂がどのくらいの時間で出てくるのかによって肌質を測定します。

時間帯に合わせて”あぶら取り紙”を頭皮に当ててみましょう。
(ない場合は指の腹でこすってみてください)

あぶら取り紙に少しでも皮脂が付着したら合図です!(指の場合は、皮
脂で指がテカったら)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

皮脂がどれくらいの時間で出てきたかによって脂性肌?普通肌?乾燥
肌?か判ります。

 
【30~60分・・・ 脂性肌】

 
普段、頭皮のべたつきや痒みが気になるのでは?

皮脂分泌が過剰になると毛穴がつまりやすく酸化しやすいため毛根にダ
メージに与える場合があります。

また脂性のフケ(脂ぽい塊のフケ)の原因にもなります。

洗浄力の高いシャンプー剤の使用はかえって皮脂分泌を増加させるので
避けること。

頭皮を揉むようにしっかり洗いシャンプー剤のすすぎは必要以上に念入
りに行ってください。

週2~3回、シャンプー前に行う頭皮ケアをお奨めします。

脂の多い食事、睡眠不足、ストレスも皮脂分泌を過剰にさせるので気を
つけること。

 
【60分~90分・・・ 普通肌】

 
皮脂量、水分量のバランスがよく正常な頭皮です。

しかし、夏場は皮脂の増加や紫外線により頭皮がダメージを受けやすく
頭皮のモイスチャーバランス乱れやすいので、お手入れは忘れずに!。

帽子や日傘で紫外線対策も忘れずに!。

 
【90分~・・・ 乾燥肌】

 
頭皮の皮脂量、水分量のバランスが乱れている証拠です。

頭皮にかゆみや赤味はございませんか?

5時間以上経っても皮脂が出ない場合は、重度の乾燥肌です。

ひどくなると乾燥したパサパサしたフケが出る場合があります。

原因は、洗浄力の高いシャンプー剤による過度の洗いすぎやシャンプー
後のすすぎ残しが原因と思われます。

シャンプーはゴシゴシこすらずに頭皮を軽く揉むように行ってください。
──────────────────────────────

 
さて、あなたの頭皮は何肌でしたか?

健康な頭皮を育むためには、「頭皮の皮脂と水分のバランス」がとても
大切になってきます。お肌も一緒ですよね!

 

残念ながら年齢とともに低下し頭皮は固くなり毛根はやせ細ってきます。

しかし、育毛シャンプーで日頃のお手入れで改善する事は可能なので
す!(*^ワ^*)

この続きは(育毛と食事)次回期待へ