シャンプー成分にあるアルギン酸とは

レビュー編アルギン酸, シャンプー, 成分レビュー編, シャンプー, 成分

髪の悩み

 

ここではシャンプーの成分にあるアルギン酸を解説しています。

 

アルギン酸とは

 
アルギン酸は昆布やワカメ、ヒジキ、モズクなどのヌルヌルしたぬめり
成分のことで、褐藻類に特有な天然多糖類です。

 

含有量は乾燥重量の30%~60%を占め、昆布やワカメなどの主成分で天然
の食物繊維です。

 

アルギン酸は、海中に含まれるさまざまなミネラルと塩を形成し、ゆる
やかなゼリー状態で細胞間隙を満たしています。

波に揉まれ海水中を揺らめきながら生長する海藻のしなやかさは、この
アルギン酸が持つ独特な物性によるものといわれています。

 

アルギン酸の有用性・安全性

 
アルギン酸には、そこに含まれるカリウムの働きで体内の塩分を吸着し
て血圧を下げるほか、血中コレステロールの低下作用、血糖値の上昇抑
制作用、ダイエット効果、便秘効果、動脈硬化の予防、胆石の予防など
の作用があります。

 
アルギン酸の安全性はFAO/WHOで評価され、最も安全な物質のひとつに
数えられます。

医薬品では、錠剤の崩壊剤や胃壁の保護剤として用いられ、また、化粧
品原料として増粘、保水作用の目的で利用されるなどしています。

 

アルギン酸(アルギンさん)は、褐藻などに含まれる多糖類で、食物繊
維の一種である。

ほかに紅藻のサンゴモなどにも含まれる。

 

また一部の細菌(アゾトバクター など)が部分的に酢酸エステル化さ
れたアルギン酸を生成するが、これによる工業的生産はまだ成功してい
ない。

純粋のアルギン酸は白ないし淡黄色で、繊維状、顆粒状または粉末状の
形態をとる。

 

水に不溶性であるが、アルギン酸ナトリウムなどの可溶性塩(アルギン
と総称される)として抽出され、食品添加物その他の目的で利用される。