頭皮のふけ・かゆみとは?その原因は何?

レビュー編かゆみ, フケ, 原因, 頭皮, レビュー編, フケ, 原因, 頭皮,

シャンプー

フケやかゆみは、頭皮が乾燥して、そのバリア機能が低下したところに、
皮脂が分解した物質や皮脂が酸化した物質の刺激によって発生します。

フケは、頭皮の古い角質がパラパラとはがれ落ちたものです。

 

頭皮の乾燥・フケ・かゆみについて

頭皮の乾燥の原因としては、もともと乾燥しやすいという体質や、ドラ
イヤーの熱や紫外線などが挙げられます。

さらに、加齢や頭皮のトラブルなどの要素が加わると、大量のフケやか
ゆみが発生します。

 

頭皮の乾燥・フケ・かゆみの原因

頭皮は、髪におおわれているため見落としがちですが、ドライヤーの熱
や紫外線などが原因で、ダメージを受けやすい部位です。

 
額(ひたい)と頭皮の状態を比較すると、額に比べて頭皮の方が水分量
も皮脂量も少なく、また、男性と比べて女性の方が、頭皮の水分量・皮
脂量ともに少ない傾向にあります。

 

頭皮の乾燥・フケ・かゆみの状態

頭皮の乾燥・フケ・かゆみの症状としては、次のようなものがあります。

 

頭皮の乾燥
頭皮が乾燥すると、毛穴のまわりや頭皮の角質がめくれあがってカサカ
サした状態になったり、炎症を起こして赤くなったりします。

 
フケ・かゆみ
フケは原因や状態などから、大きく2種類に分けられます。

 
乾燥性のフケ
皮脂の分泌量が少ない人に見られる、サラサラとした小さなフケです。
これは、加齢、洗髪のしすぎ、シャンプーとの相性などの要因により頭
皮が乾燥して、皮膚の角質がはがれたものです。

 
湿性のフケ
皮脂分泌量の多い人に見られる、しっとりした大きなフケです。

 

フケ・かゆみ発生のメカニズム

フケやかゆみは、頭皮が乾燥して、そのバリア機能が低下したところに、
皮脂が分解した物質や皮脂が酸化した物質の刺激によって発生します。

フケは、頭皮の古い角質がパラパラとはがれ落ちたものです。

 

フケについて

頭皮の古い角質は、頭皮に適量の皮脂がある場合、皮脂と混じり合うこ
とによって“垢”になり、洗髪時に取り除かれます。

しかし、さまざまな原因によって頭皮が乾燥すると、頭をかいたときな
どに、古い角質が小片となってはがれ落ちることがあります。これがい
わゆるフケです。

 

頭皮の乾燥

頭皮が乾燥して水分量が減少すると、刺激に対して過敏に反応しやすく
なり、フケ・かゆみが発生しやすくなります。

カビなどの菌の繁殖

フケ・かゆみの発生には、カビなどの菌も関わっています。カビなどの
菌には頭皮の皮脂を分解する働きがあります。その結果発生した皮脂分
解物が刺激となって、フケ・かゆみが発生します。

多量の紫外線

紫外線は皮脂を酸化させるため、これが地肌に刺激をもたらし、フケ・
かゆみが発生します。

 

頭皮の乾燥・フケ・かゆみを防ぐ上手なシャンプー

たとえ良質のシャンプーやコンディショナーを使っていても、お手入れ
の仕方が間違っていては、その対策効果は半減されてしまいます。

頭皮の乾燥やフケ、かゆみを防ぐための上手なシャンプーのプロセスを
確認して、毎日のヘアケアに活かしましょう。

 

頭皮の乾燥・フケ・かゆみを防ぐ上手な髪の乾かし方

頭皮のヘアケアで大切なことは、洗髪に加えて、しっかり“乾かす”と
いうことです。

髪を濡れたまま放置すると、フケの原因菌(カビなど)が繁殖する原因
になりかねません。

髪にダメージを与えないよう正しく乾かして、健康な頭皮を保ちましょ
う。