複合 渡部がジャンプで2位につける

スポーツスノーボード, ソチオリンピック, ハーフパイプ, 高梨沙羅スポーツ, ソチオリンピック, ハーフパイプ, 高梨沙羅

スポーツ

複合 渡部がジャンプで2位につける

 
ソチオリンピックは12日、スキー、ノルディック複合の個人ノーマル
ヒルが始まり、前半のジャンプでエースの渡部暁斗選手が100メート
ル50を飛んで2位につけてます。

 

また、加藤大平選手が4位、渡部選手の弟の善斗選手は10位、永井秀
昭選手は14位となりました。

 

ノルディック複合は日本時間の午後9時半から後半のクロスカントリー
が行われ、ジャンプとの総合成績で順位が決まります。

 

ガンバレ!!

 

 

高梨沙羅「4年後のスタート」ということで

 
テレマークが出来ず着地失敗!!
ジャンプ女子ノーマルヒルで、高梨沙羅選手は4位に終わった。

 

ワールドカップでは女王でもオリンピックでは普通の少女だった!!

 

やっぱり、オリンピックには魔物が棲んでいますね。

 

今回の結果を受けて山田コーチは、「率直に言うと悔しい気持ちだ。高
梨選手にとってもオリンピックという特別な舞台なので、普通に考えれ
ばかなりのプレッシャーがあったと思う。そういったなか、一生懸命、
頑張ってくれた」とねぎらいました。

 

そのうえで「きょうからが4年後のスタートだと思う。スタッフを含め
て選手全員が悔しい気持ちで初めてのオリンピックを終えたので、4年
後には必ず雪辱を果たしたい」と話していました。

 

 

ソチ五輪初メダリストの2人が記者会見

 

ソチオリンピックのスノーボード男子ハーフパイプで、日本に今大会初
のメダルをもたらした10代の2人、平野歩夢選手と平岡卓選手が、競
技から一夜明けて記者会見し、銀メダルに輝いた平野選手は、「楽しく
滑ることができました」と振り返りました。

 

11日に行われたスノーボードの男子ハーフパイプで、15歳の平野選
手は、冬の大会で日本選手最年少のメダルとなる銀メダル、18歳の平
岡選手が銅メダルに輝き、オリンピックのスノーボードでは、史上初の
メダルを日本にもたらしました。

 

一夜明けた12日、2人はそろってソチ市内で記者会見し、平野選手は
「緊張することなく楽しんで滑ることができました」と競技を振り返り
ました。

 

そして、冬の大会で日本選手最年少のメダリストになったことについて、
「記録は歴史に残るので、今後の自信になります」と話していました。

一方、平岡選手は「メダルを取ったという自覚はまだありませんが、最
高の滑りができました。期待に応えることができてよかったです」と述
べました。

 
や~。凄かった。

 

観てて「思わずガッツポーズしました。」

 

これからが楽しみですね!!!

 
以上NHK NEWS WEB より一部抜粋しています。