電機大手、ベア2000円で最終調整

経済ベア, 春闘, 賃上げ経済, 春闘, 賃上げ

経済

電機大手、ベア2000円で最終調整

 

 
日立製作所、東芝など電機大手6社は8日、大詰めを迎えている201
4年春闘交渉で、

賃金体系全体を引き上げるベースアップ(ベア)相当分として月額20
00円の賃金改善を実施する方向で労働組合側と最終調整に入った。

経営側は電機連合が掲げた月4000円以上のベア要求への「満額回答
は困難」としながらも、安倍政権が目指すデフレ脱却に向けた経済の好
循環の実現には、

過去最高だった1998年の実績(月額1500円)を上回るベア実施
が必要と判断した。

 労使は12日の集中回答日へ向け、今後、詰めの交渉を行う。

電機大手6社は日立、東芝のほか、パナソニック、三菱電機、富士通、
NEC。

6社の経営側と電機連合は8日、東京都内で産別労使交渉を開いた。

三菱電機の大隈信幸常務執行役は交渉後、経営側を代表して記者会見し
「経済の好循環に向け電機産業も貢献する必要があり、ベアも選択肢の
ひとつ」と説明。

ベア月額4000円以上の統一要求については「将来にわたる負担増な
ので慎重にならざるを得ない」としつつも、景気回復や円安による業績
向上を賃金改善に反映させることには前向きな姿勢を示した。

6社の業績には濃淡があるが、経営側は「回答の足並みはそろえたい」
(大隈執行役)としている。

 一方、電機連合の有野正治委員長はベア相当分について「過去にない
水準を目指していく」と強調。現行の要求方式が始まって以降の最高額
となるベア2000円を念頭に大詰めの交渉を進める方針を示した。

 自動車総連も8日、中央生活闘争委員会を開催。

賃金改善について「要求に沿った回答にこだわり、最大限押し込む」と、
ベア、一時金とも満額回答に近い水準を目指すことを確認した。

【横山三加子、松倉佑輔】
「毎日新聞」より抜粋。

私が働いている所は、自動車関連の有名企業ですが、そこまで賃上げし
てくれないかな~。

なんか大企業だけ儲かって、中小企業が今ひとつ伸びがない。

政治家が悪いのでは?