吉田沙保里 お父さんのためにW杯出る

スポーツスポーツ

スポーツ

 

くも膜下出血で父・栄勝さん(享年61)を亡くしたレスリング女子五
輪3連覇の吉田沙保里(31=ALSOK)が13日、津市の通夜会場
で取材に応じた。

 
11日午前7時15分ごろ、津市小舟の伊勢自動車道上り線の路肩に止
まった車内で、ぐったりした様子で倒れているのを別の車の運転手が見
つけ、110番した。

 
栄勝さんは病院に運ばれたが、死亡が確認された。死因はくも膜下出血。

 
焦燥しきった表情の吉田は涙を流しながら「お父さんのためにも絶対出
て、優勝するように頑張りたい」と、

 
15、16日に東京・小豆沢体育館で行われる国別対抗戦の女子ワール
ドカップ(W杯)への出場を明言した。

 

お父さんはレスリング一本で、何でもレスリングを優先してきた人。

 
ナショナルチームのコーチになっていたので一緒に戦ってくれると思う。

 

(W杯に)出て日本が優勝することでお父さんは喜ぶと思う。

 

14日午後5時からのメディカルチェック、同5時45分から計量があ
るため、遅くとも午後2時までに移動を開始しなければならないが、吉
田は「告別式が終わったら計量、メディカル(チェック)に間に合うよ
う、すぐに東京に移動してチームに合流します」と話した。

 

栄勝さんの葬儀・告別式は14日午後0時30分から津市内で行われる
予定。
「スポニチ」より抜粋。

 

 

体も丈夫だけど、気丈も丈夫でなによりです。

 
お父さんのご冥福を祈ります。