ハム大谷150キロ台直球でG打線抑える

スポーツ大谷, 巨人スポーツ, 巨人

スポーツ

ハム大谷150キロ台直球でG打線抑える 

 

<オープン戦:巨人2-3日本ハム>◇22日◇東京ドーム

 

日本ハムの大谷翔平投手が先発し5回を5安打無失点に抑えた。

オープン戦最後のマウンドでプロ最速タイの157キロをマーク

四回2死からロペス、アンダーソンに連続安打を浴びたが、矢野を 直球で一飛に。中13日で迎えたマウンドで、150キロ台の直球 とキレのある変化球で巨人打線を抑えた。

「リズムよくいけましたけど、大事なところで逆球もありましたし、 運もありました。

しっかり狙ったところへ投げられるようにしたい」と振り返った。

初めて対戦した巨人打線の印象については「(巨人打線は)1番か ら9番まで厚みがあって、気が抜けませんでした」と話した。

 

 

栗山監督は

日本ハム栗山英樹監督(52)が、厳しい視点で接してきた大谷翔 平投手(19)に賛辞の嵐を送った。

巨人の強力打線を相手に5回を無失点。

最速157キロもマークする成長ぶりを、開幕前最後のマウンドで 見せた。

「まあ、まあ、まあ…」と最初は多くを論評したがらなかったが、 納得の表情。

思わず「いろいろなことで前に進み始めてはいるよね」と、開幕 ローテーション入りに合格点を出していた。

 

「ディーリースポーツ」と「日刊スポーツ」より抜粋。

 

巨人ファンの僕ですが、

今日の大谷は圧巻でしたね。

あくまでオープン戦なので、気にしてません。

今年は、巨人は投手陣が心配です。