浅田真央が3度目の女王 自己最高を更新

スポーツフィギア世界選手権, 浅田真央スポーツ, 浅田真央

スポーツ

浅田真央が3度目の女王 自己最高を更新

 

 

フィギュアスケートの世界選手権第4日は29日、さいたま市の さいたまスーパーアリーナで行われた。

女子は、ソチ冬季五輪6位で、27日のショートプログラム(S P)は世界歴代最高得点で首位に立った浅田真央(中京大)が、こ の日もトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をほぼ完璧に決める など伸び伸びとした演技で、フリー138.03点、合計では自己 最高を大きく更新する216.69点で金メダルに輝いた。

 

浅田の世界選手権制覇は2010年の伊トリノ大会以来3度目で、 日本選手では最多となった。

 

同五輪5位でSP3位のユリア・リプニツカヤ(ロシア)がフ リー132.96点、合計207.50点で銀メダル。同五輪銅メ ダリストでSP2位のカロリナ・コストナー(イタリア)がフリー 126.59点、合計203.83点で銅メダルとなった。

今大会で現役引退を表明している、SP4位の鈴木明子(邦和 スポーツランド)は、フリー122.70点、合計193.72点 で6位。SP10位の村上佳菜子(中京大)はフリー111.58 点、合計172.44点で10位だった。

 

フィギュア世界選手権での日本選手優勝者(女子)

 

 

年  開催地     選手

1989 パリ     伊藤みどり

94 千葉     佐藤有香

2004 ドルトムント 荒川静香

07 東京     安藤美姫

08 イエーテボリ 浅田真央

10 トリノ    浅田真央

11 モスクワ   安藤美姫

14 埼玉     浅田真央

 

「毎日新聞」より抜粋。

 

ジャンプで少しミスがあったようだが、

オリンピックと言う魔物が棲むところから、開放された後の

最高の演技

最高の笑顔

最高の感動

でしたネ。!!!!!!

 

 

浅田真央 演技詳細

 

ソチ五輪6位の23歳。SP首位。

世界選手権は8年連続出場で、08年、10年大会で優勝している。 前年は銅メダル。

最初のトリプルアクセルは高く跳び上がりきれいに着氷。

続く3回転フリップ-3回転ループは、2本目の軸が斜めになるも こらえた。

3回転ルッツは空中でキュっと回転速度が上がった。

スピンでは美しいポジションに、会場から大拍手。

伸びやかに滑って臨んだダブルアクセルだが勢いがありすぎたかバ ランスを崩し、2連続にできず。

3回転サルコウは着氷。

3回転フリップ-2回転ループ-2回転ループは、ひとつずつグイ グイと跳び上がり、3回転ループも着氷させた。

ジャンプミスはあったものの、スパイラル、スピンと最後まで浅田 真央の技を見せ、待ちきれない観客がスタンディングオベーション。

浅田はやりきった満面の笑顔。

観客に手を振りながら、リンクをあとにした。

FS得点は138.03点(技術点65.27点、演技構成点72.46点)。

SP、FSの合計216.69点。

最後のインタビューも

印象に残る受け答えをしていました。