沖ノ鳥島5人死亡 原因調べる

社会沖ノ鳥島社会

社会

沖ノ鳥島5人死亡 原因調べる

 

 

30日朝、東京から南におよそ1700キロの沖ノ鳥島で、国土交 通省関東地方整備局の事業で桟橋の建設工事に当たっていた作業員 16人が海に投げ出され、

このうち5人が死亡し2人が行方不明となっている事故で、作業員 たちが乗っていた桟橋の一部が船にえい航される際、何らかの原因 で傾きひっくり返ったことが分かりました。

関東地方整備局は事故の詳しい状況や原因を調べています。

30日午前7時半ごろ、沖ノ鳥島で、国土交通省関東地方整備局の 事業で桟橋の建設工事に当たっていた作業員16人が、乗っていた 桟橋の一部がひっくり返り海に投げ出されました。

このうち、新日鉄住金エンジニアリングの中島健一さん(63)と、 深田サルベージ建設の川内歩さん(48)と平信雄さん(63)、 協力会社である「子原海事」の吉村伸也さん(35)、

それに財団法人「港湾空港総合技術センター」に所属し、監督員補 助をしていた60代の男性の合わせて5人が死亡しました。

また、五洋建設の老田尚志さん(36)と、協力会社の山九の中西 隆さん(64)の2人が行方不明になっています。

そのほかの9人は救助され、このうち4人が軽いけがをしていると いうことです。

 

関東地方整備局によりますと、この工事は沖ノ鳥島に調査船や資材 の運搬船などが接岸、停泊できるように桟橋を建設するためのもの で、

五洋建設と新日鉄住金エンジニアリング、それに東亜建設工業のジ ョイントベンチャーが請け負っていました。

30日は長さ30メートル、幅20メートル、高さ5メートルの桟 橋の一部を設置する作業が行われ、

桟橋を台船に乗せて島のおよそ600メートル沖まで運び台船を沈 めて海に浮かべたあと、

別の船でえい航する際に何らかの原因で傾き、ひっくり返ったとい うことです。

工事は波の高さが1.5メートル、風が10メートルに達すると行 わないことになっていて、30日午前5時20分の時点で会社側の 担当者が気象条件などを確認し、

整備局の職員とも情報を共有したうえで、工事を行う判断をしたと いうことで、事故が起きた当時、波の高さと風速はこの基準を下回 っていたということです。

また会社側が工事のマニュアルをまとめていて、30日の作業はマ ニュアルどおりに行われていたとしています。

事故を受けて関東地方整備局は30日午後、記者会見を開き、松永 康男港湾空港部長が「このような大きな事故を起こしてしまい申し 訳ありませんでした」と

謝罪したうえで、行方不明になっている2人の捜索に全力を挙げる とともに、事故の原因を究明する考えを示しました。

この事故で、第三管区海上保安本部は航空機2機を現場上空に出し て捜索を行いましたが、午後6時すぎにいったん打ち切りました。

また巡視船2隻を現場の海域に向かわせています。

「NHK NEWSWEB」より抜粋。

不慮の事故なのか?

早く原因を究明してもらいたいですね!!!