みんな・渡辺代表が辞任

社会みんなの党, 渡辺喜美社会, 渡辺喜美

社会

みんな・渡辺代表が辞任

 

8億円借り入れで引責―議員辞職否定、残債を返済

 

みんなの党の渡辺喜美代表は7日、国会内で記者会見し、化粧品会 社会長から8億円を借り入れた問題について、

「全ての責任は私にある。代表の職を辞す」と表明した。

「一所属議員に戻る」として議員辞職や離党は否定した。

渡辺氏は、借り入れをめぐる違法性も打ち消したが、引き続き説明 責任を問われるのは必至。

公職選挙法や政治資金規正法に抵触するかどうかが焦点となる。

 

党内で代表辞任を求める声が広がっていたことを踏まえ、渡辺 氏は会見で「同志の皆さんにつらい思いをさせるのは本意ではない。

騒ぎが大きくなった責任は取る」と強調した。

ただ、強い発信力と指導力で党を率いてきた渡辺氏の辞任は同党に とって大打撃で、今後の党運営は厳しさを増しそうだ。

渡辺氏は、支援者だったディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会 長から、参院選直前の2010年6月に3億円、衆院選直前の12年11月に 5億円を借り入れた。

このうち約5億5000万円が返済されていなかったが、渡辺氏は7日の 会見で全額を返済したことを明らかにした。

返済資金については「5億円弱は妻の口座に保管していた。残りは 親類縁者から支援を受けた」と説明した。

「時事通信」より抜粋。

 

政治家ってお金持ってるんだね!!!

5億5千万円をすぐに返済できるんだもん。

少しでいいから、くれないかな~。・・・