韓国旅客船沈没 集計錯誤で混乱も…

社会旅客船, 沈没, 韓国社会, 沈没, 韓国

社会

韓国旅客船沈没 集計錯誤で混乱も…

 

韓国政府が16日、全羅南道珍島沖で発生した旅客船沈没事故で救 助された人の数を誤って発表し、混乱が深まった。

中央災害安全対策本部(中対本)はこの日午後2時の4回目のブ リーフィングで、救助された人の数を368人と公式確認した。

しかし午後3時の訂正ブリーフィングで錯誤があったと伝え、正確 な数を「確認中」と伝えた。

結局、この日午後3時を基準に死者2人のほか、救助された人の 数は約180人に減り、行方不明者は当初の107人から290人 余に増えた。

わずか2時間足らずで集計された行方不明者が倍以上に増えた。

中対本の関係者はこの日午後4時に予定された5回目のブリーフィ ング時間を30分遅らせた。

中対本の発表によると、事故が発生したのは仁川発済州行きの6 325トン級旅客船「セウォル号」で、午後5時現在「乗客・乗員 459人のうち行方不明者293人」という。

「中央日報日本語版」より抜粋。

 

 

「ドーンという音とともに船が傾き、体が倒れてあちこちに転がっ た」。

 

韓国南西部の全羅南道珍島郡の屏風島北20キロ沖海上で16日午前、 乗客450人余りを乗せ仁川から済州島に向かっていた旅客船「SEWOL (セウォル)」が沈没した事故。

済州島への修学旅行に向かうため船に乗り合わせ救出された京畿 道・安山の檀園高校の生徒らは事故発生時の緊迫した状況を語った。

事故当時、2階の船室にいたという女子生徒は「ドーンという音 がして突然船が傾き始めた。

外に出たが私もほかの人たちも体の重心が取れずよろめいて倒れ た」と振り返った。

別の女子生徒は「避難するときまでこんなに大きな船が沈没す るとは思わなかった。あちこちから悲鳴が聞こえ騒然とした」と話 した。

中央災難(災害)安全本部の発表によると、同日午後3時現在、 乗務員1人と同校の男子生徒1人の死亡が確認された。

行方不明者は約290人に上り、子どもの安否が分からず不安を募ら せている同校の保護者が珍島に次々と到着している。

「珍島聯合ニュース」より抜粋。

いったい沈没の原因は?

犠牲者の数が把握できないなんて・・・おお粗末ですね!!!