マー君に地元紙が心酔 神の制球

スポーツメジャー, ヤ ンキース, 田中将大スポーツ, ヤ ンキース, 田中将大

スポーツ

 

16日(日本時間17日)のカブス戦でメジャー2勝目をあげたヤ ンキースの田中将大投手(25)。

 

8回無失点の圧巻の内容にニューヨークの地元紙は絶賛を通り越し て心酔し、米スポーツ専門局のESPNは「間もなく田中の試合は “MUST-SEE EVENT”(必ず見なければならないイベ ント)になる」と予言した。

また、ニューヨーク・デーリー・ニューズ紙は「HIRO IS  BORN」(ヒーロー誕生)と報じている。

 

「MASAHIRO」と「HERO」(英雄)をかけて、ニュー ヨークに降り立った新スターの活躍に賛辞を贈っている。

特に田中が高い評価を受けているのが制球力と決め球。

奪三振が多いのに与四球が極端に少ないことから、無駄な走者を出 さず、次々とアウトを重ねていくことができる。

奪三振と与四球の比率は、メジャーでは投手の本質的な実力を示す 数字としてよく使われている。

「K/BB」と表記され、三振÷四球で計算。

三振が多く、四球が少ないほど値が大きくなる。5・00以上なら 好投手、3・50以上なら合格とされる。

 

ところが田中は14・00と驚異的な数字でア・リーグトップだ。

 

昨季レッドソックスの世界一に貢献した上原浩治投手が三振1 01、四球9で、驚異の11・22を記録して話題を呼んだが、現 在の田中はそれをも上回っている。

マリナーズの2010年のサイ・ヤング賞投手、ヘルナンデスも今 季好調だが13・00で田中には及ばない。

投手の勝ち星は打線の援護がなければ増えない。防御率は守備 の良しあしなどに左右される。

その点、三振と四球は投手だけの力。

 

「K/BB」は、打たせて取るだけでは高い数値にならず、逃げる ことなく、ストライクゾーンで勝負している投手のみが高い数字を 残すことができるため、田中は絶大な評価を受けている。

田中は経験を積めば、ヤンキースのエースはおろか、メジャー のエースになれる可能性を秘めているというのだ。

 

「夕刊フジ」より抜粋。

 

マー君。すごいですね!!!

高校野球時代からず~と応援してきましたが、気迫のこもった球を 意図も簡単に投球する姿が、今でも目に浮かびます。

投げ勝った日ハムの斉藤祐樹は今はどうしたのでしょうか?

マー君はきっとメジャーのエースになると思います。

それまでず~と応援してますよ!!!

頑張ってください。