ルーズソックス…’90年代の流行が再燃中

経済90年代の流行, ファッション経済, ファッション

経済

ルーズソックス…’90年代の流行が再燃中

 

 

 

流行は繰り返される」という。確かに我々が幼少期にハヤっていた

事象&アイテムが、あるものはかたちを変え、またあるものはその

ままのかたちで注目されている。

 

そこで、再ブレイクの仕組みとその魅力を紐解いてみた!

 

微妙に違う? 着こなしに要注意!

定期的に同じアイテムのブームが回ってくるファッション業界。

 

 

「現在は’80~’90年代前半の流行が再燃中です」と話すのは、フ

ァッションエディターの大内康行氏。

 

 

カーディガンの「プロデューサー巻き」も街中で多く見かけるよう

になった気がするが……。

 

 

「レディースではオシャレな人が数年前から取り入れていて、メン

ズで大きなブームになったのは昨年。

 

今年は巻き方などにもバリエーションが増えています。

 

ケミカルウォッシュなどもレディースの一部では流行の兆しが見え

ますが、メンズではまだ早いでしょうね」

 

 

 

’90年代半ばに大流行したルーズソックスにも新たな動きが。

 

 

「女子高生の間では、紺のハイソックスの上にルーズソックスを重

ねる『2枚ばき』が近年広まっています。

 

そして昨年には、ギャルの間でスポーツミックスコーデが流行。

 

靴下にも注目が集まり、ルーズソックスを私服に取り入れる動きも

生まれました。

 

膝丈のスカート、厚底ブーツorスニーカーと合わせるのが定番で

す」

 

 

そう話すのは『ガールズ・リサーチ・プレス』編集長の安部舞紗

氏。

 

なお私服と合わせる場合はボリュームの小さいものをはくのが普通

とのこと。

 

ブームが再燃することで、はき方も変わったわけだ。

 

「ブームが再燃しても、着こなしのシルエットはタイトになってい

ます。

 

フライトジャケットのMA-1やスタジャンもブーム再燃中ですが、実

家にあるものを引っ張り出しても、やはり今っぽくは着れません」

 

 

再燃の歴史

 

 

雑誌のリニューアルでシティボーイに注目が

 

<年代別の主な流行ファッション・ブランド>

 

●1980年代後半「ケミカルウォッシュ」

 

●1991年「ボディコンスタイル(ジュリアナ東京などが隆盛)、60

年代リバイバル」

 

●1992年「アニエスb.、エアジョーダンVII(バスケ関連モノの人

気)※’90年代半ばにはエアマックス狩りが頻発」

 

●1993年「DJ、スケータースタイル、ボーダーファッション」

 

●1994年「ストリートファッション」

 

●1995年「プラダ、チビT、へそ出しルック」

 

●1996年「アムラー、コギャルブーム、ルーズソックス(男子高生

は腰ばき)」

 

●1997年「裏原系スタイル」

 

●1998年「ヴィジュアル系、厚底靴」

 

●1999年「ヤマンバファッション、フォークロア系」

 

●2000年「ユニクロなどファストファッション人気、アウトレット

モールの拡大」

 

 

「週刊 SPA!」より抜粋。

 

 

 

ファッション=流行。

 

時代は繰り返される。

 

ファッションにうとい私です。

 

「ボディコンスタイル」・「へそ出しルック」・「アムラー」・

「ルーズソックス」や「厚底靴」は知っています。

 

でも、他は・・・「なんだそれ???」

 

 

私にしてみれば

 

「そんなの関係ネー!!!  各々」