イモトのやらせ「絶対にない」

エンタメイモト, エベレスト, 世界の果てまでイッテQエンタメ, エベレスト, 世界の果てまでイッテQ

エンタメ

イモトのやらせ「絶対にない」

 

 

ちょいと面白い記事が掲載されたので紹介します。

 

フジテレビ元アナウンサーの長谷川豊(38)が5日午後、ニフテ

ィの有料メールマガジン「新 おとなの学び場」で、日刊スポーツ

とコラボした「フリーアナ長谷川豊の【公式メルマガ増刊号】」

(月額648円)の第21号を配信した。

 

 

「日刊スポーツの芸能ニュース7days」では、WEB「ニッ

カンスポーツ・コム」の週間芸能ニュースアクセストップ10の各

記事を解説。

 

タレントのイモトアヤコ(28)が日本テレビ系「世界の果てまで

イッテQ!」の企画でエベレスト(8848メートル)登頂に挑戦

するはずだったが、一部報道が断念までがシナリオ通りだったと報

じたことに「絶対にない」と断言した。

 

 

先月18日、エベレストで13人のシェルパ(ガイド)が死亡す

る雪崩事故が発生。

 

一度は登頂継続を宣言したが、協力し合う予定だった各国の登山隊

が撤退を決めたため、事故から10日後の同28日に登頂を断念し

た。

 

この間の20日に放送された同番組の視聴率は20%で、前週13

日の18・8%より1・2ポイント上回った。

 

これを受け、一部報道やネット上では「話題作り」などと伝えると

ころもあった。

 

長谷川は「やらせではない」と強く非難。「登山に挑戦するかの判

断は日テレではなく、顧問としてついている日本屈指の登山チーム

が全て決定しているはず。

 

高視聴率番組だからこそ、失敗は許されないし、プロが判断した以

上、日テレは従うでしょう」。

 

さらに「来年には体制を整えて、また挑戦すると思う。その時は視

聴率30%は超えるかもしれない」と期待を寄せた。

 

 

「日刊スポーツ」より抜粋。

 

 

「世界の果てまでイッテQ!」の企画で、イモトがエベレスト登頂

に挑戦することで話題が盛り上がったが、ガイドの死によって「延

期」か「中止」か謎めいていますが、

 

はたして真相は?

 

「中止」なら シナリオ通りなのか?

 

それにしても「世界の果てまでイッテQ!」は面白いよネ!!!