ソーシャルメディアの利用時間 高校生の6割が“負担感”

社会LINE, ソーシャルメディア, ツイッター社会, ソーシャルメディア, ツイッター

社会

ソーシャルメディアの利用時間 高校生の6割が“負担感”

 

 

高校生のスマートフォン・アプリの利用とネット依存に関する調

査結果によると、ソーシャルメディアに書き込んだ内容や既読機能

など、何らかの“負担”を感じている生徒が6割を占めることがわ

かった。

 

全体の傾向として依存度は男子より女子の方が高く、LINEやFace

bookなどは女子の利用が高く利用時間は男子の約2倍。

 

男子ではGREEやMobageなどゲーム系サービスの利用が多かった。

 

総務省が実施した「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネッ

ト依存傾向に関する調査結果(速報)」で明らかになった。

 

 

依存傾向「高」の割合は、男子3.9%、女子5.2%と女子の方が高く、

学年別では、1年生5.2%、2年生4.8%、3年生3.7%と低学年の方が高

かった。

 

依存傾向「高」の生徒による機器毎のネット利用時間は、スマート

フォン/フィーチャーフォンが262.8分と圧倒的に長く、パソコン

は91.9分、タブレット端末が25.5分の順となった。

 

 

スマートフォン/フィーチャーフォンのサービス毎の利用時間は、

「ソーシャルメディアを見る」「ソーシャルメディアに書き込む」

がそれぞれ全体では57.2分、32.0分。

 

これを男女別に見ると、男子は37.3分、21.2分であるのに対し、

女子はそれぞれ74.4分、41.4分と男子の2倍。

 

他方、「オンラインゲームをする」の平均利用時間は、男子(27.

3分)が女子(13.8分)の2倍と、性別によってスマートフォンなど

の使い方に差がみられた。

 

 

ソーシャルメディアを利用しているのは全体の91.0%とほとんど

が利用している。

 

女子(93.4%)の方が男子(88.7%)より利用率が高かった。

 

スマートフォン利用者のソーシャルメディア利用率が97.1%であ

るのに対し、非利用者では57.6%と大きな差が見られた。

 

 

利用するソーシャルメディアはLINE(ライン)がトップで85.5%、T

witter(ツイッター) 66.9%、Facebook(フェイスブック) 24.3%

と続き、LINEが他を引き離して高い利用率となっていた。

 

LINE、Facebook、Twitterは女子が男子より利用。GREE(グ

リー)、Mobage(モバゲー)といったゲーム系のサービスは男子が

女子より利用している傾向があった。

 

 

ソーシャルメディアを利用する際に悩んだり負担に感じることが

あるかどうかについては、全体では「あてはまるものはない」が40.

9%で最も多いが、約6割の生徒が負担に感じることがあるという結

果が出ている。

 

 

負担感の中で多いのは「自分が書いてしまった内容について、後

から『あれで良かったか』などと悩む」(27.7%)、「メッセージ

を読んだことが分かる機能(既読チェックなど)があること」(22.

4%)、「友だちとのやりとりをなかなか終わらせられないこと」

(17.6%)の順で多かった。

 

 

「他者とつながっていたい」という欲求は、一般に女性の方が強い

傾向が見られるようだが、思春期では「つながっていないこと」自

体に恐怖を感じることすらあるともいえる。

 

とはいえソーシャルメディアへの依存が負担になったり、学業や

睡眠時間が削られることになるのは見過ごすことはできない。

 

総務省では6月をめどに調査結果の全体を公表予定だが、正確な

実態把握と同時に、必要な施策を業界や教育関係者、保護者などが

一体となって取り組む必要があるだろう。

 

 

「エコノミックニュース」より抜粋。

 

 

 

ソーシャルメディアを利用しているのは、全体の91.0%とほとんど

が利用しているにはビックリしました。

 

「他者とつながっていたい」という欲求や、思春期では「つながっ

ていないこと」自体に恐怖を感じることすらあるともいえる。

 

僕らの時代では考えられません。

 

僕らの思春期(何年前?)は外で遊んだり、ケンカもしたりして大

人になっていきました。

 

時代ですかね???

 

子供を持つ親として心配の種だね!!!