スポンサーもガックリ。浅田真央「1年休養」

スポーツフィギュア スケート, 休養, 浅田真央スポーツ, 休養, 浅田真央

スポーツ

スポンサーもガックリ。浅田真央「1年休養」

 

 

 

1年間じっくり考える年にしたい

 

 

19日の会見で、来季休養する理由をこう説明した女子フィギュア

スケートの浅田真央(23)。

 

翌シーズンに復帰するかは「まだハーフハーフ」と明言を避けたが、

“金のなる木”の動向にヤキモキするのは、スケート連盟やテレビ

局ばかりではない。

 

10社ある真央のスポンサー企業も、また同じ心境だ。

 

アイスショーには出演するものの、真剣勝負の公式戦リンクには

上がらないことで、真央の露出がガクンと減り、各社の売り上げダ

ウンが懸念されているからだ。

 

 

 

前年比3倍の売り上げ

 

 

高機能マットレスパッドの「エアウィーヴ」(本社・愛知県)は、

昨年6月から真央を広告に起用したことで、ソチ五輪後の今年3月

単月の売り上げが、前年比347%を記録。

 

5万8320円の浅田真央モデルも、飛ぶように売れた。

 

同社は「(浅田の)CM起用で知名度がグンとアップした」と鼻

息が荒いが、1年の休養となれば、右肩上がりが続く保証はない。

 

真央をブランドパートナーに起用し、12年10月に立ち上げた

「MAO ASADA 応援プロジェクト」のCMが大好評だった

という住友生命も、

 

「引き続きサポートする方針ですが、具体的なことはまだ何も決

まっていません」と困惑気味だ。

 

不祥事を起こしたわけではないから、1社3000万円というス

ポンサー契約が打ち切られることはないようだが、

 

広告代理店関係者も「各社とも昨シーズンまでの費用対効果は見込

めない」と諦めムード。

 

果たして真央休養による経済損失は、1年でどれくらいに上るのか。

 

「キム・ヨナの現役引退による韓国の経済損失は、3兆ウォン(約

3000億円)だといわれます。

 

経済状況は日韓で違いますが、浅田選手は休養という“中ぶらり

ん”な状態とはいえ、それと同じくらいの損失はあるでしょう。

 

2度の五輪で金・銀メダルのキム・ヨナに成績こそ及びませんが、

日本女子フィギュア界でのカリスマ性はまだまだ健在。

 

コンディションが整えば、年齢的にはポテンシャルを秘めている。

 

それだけに、インパクトも大きいのです」(ロータス投資研究所代

表の中西文行氏)

 

もっとも、これまでより真央に時間の余裕が生まれる分、イベン

ト出演などが増え、スポンサーにはかえってチャンスだという見方

もある。

 

販売減を少しでも回避すべく、スポンサーは早速知恵を絞っている。

 

 

「日刊ゲンダイ」より抜粋。

 

 

 

真央ちゃん。なにを悩んでいるのか?

 

技術 ? 精神面 ? 周囲の評判 ? コーチ ? スポンサー ?

 

一度は引退宣言して、またやりたくなったから ?

 

だったら。

 

「やりたくなったら、やっちゃいな」

 

まだ 若いんでしょ。

 

各スポンサーも大変だろうけど、応援してね!!!

 

私も影ながら応援しています。