宇多田“厳戒挙式”「完全ガード」で教会入り

エンタメ再婚, 宇多田ヒカルエンタメ, 宇多田ヒカル

エンタメ

宇多田“厳戒挙式”「完全ガード」で教会入り

 

 

活動休止中のシンガー・ソングライター、宇多田ヒカル(31)が

23日(日本時間同日夜)、イタリアで同国出身の男性(23)と

挙式した。

 

正午すぎ、宇多田が教会入りする際、4人のガードマンが取り囲み、

日傘もさす「完全ガード」ぶり。

 

花嫁の表情はうかがい知れなかった。

 

新郎から遅れること約10分。宇多田は黒のワゴンに乗り、広場に

到着。ファンやメディアが殺到し、現場は一時、騒然となった。

ガードマンの隙間からは白い衣装だけが見えた。

 

宇多田は結婚発表後の今年2月10日、反響の大きさに「どうか

彼と彼の家族のプライバシーを尊重していただけますよう、お願い

いたします。

 

結婚式はショーではないということをどうかご理解ください」など

とファンやメディアに呼び掛けたが、その通りになった。

 

式を挙げたのは、新郎の故郷ファザーノ市近く、南イタリアの

プーリア州ポリニャーノ・ア・マーレ市にある「サンタ・マリア・

アッスンタ教会」。

 

エメラルドグリーンの海に臨む。招待客のカメラは持ち込み禁止な

ど“厳戒態勢”が敷かれた。

 

挙式後はサン・ロレンツォ修道院に場所を移し、お披露目パーテ

ィーが開かれる。

 

宇多田は昨年、英ロンドンに滞在中、市内のホテルでバーテン

ダーとして働いている男性と知り合い、交際を開始。

 

同年夏には、お相手の両親に紹介された。

 

結婚は今年2月3日に公式サイトで電撃発表。「これ以上ないほ

ど“一般の方”」「根が誠実で多くの友人に愛される好青年」。

 

音楽プロデューサーの父・照實氏(65)も「爽やかで陽気、賢い

イタリア人青年」と太鼓判を押した。

 

昨年8月に死去した母の藤圭子さん(享年62)にも、お相手のこ

とは伝えていた。

 

同18日には自身のラジオ番組に出演し、リスナーに報告。

 

自身の口から語るのは初となり「私としては、そんなに国際結婚と

いう意識もなく。

 

南イタリアの出身の人なんですけど、家族もみんな陽気だし、下ネ

タとか言っちゃう感じの明るい家族だけど、意外と繊細で、非常に

気が小さく、気使いな感じで。日本の家族とそんなに変わらないと

思います」などと語った。

 

宇多田は19歳だった2002年に写真家・映画監督の紀里谷和

明氏(45)と結婚し、07年3月に離婚した。

 

 

「スポニチアネックス」より抜粋。

 

 

宇多田ヒカル再婚オメデトウ。

 

宇多田ヒカルは、15歳だった98年12月9日「Automat

ic」でデビュー。

 

母親ゆずりの歌唱力、この歌は好きだった。

 

99年2月 第2弾「Movin’ on without yo

u」で初のオリコンチャート1位となって、人気を確立。

 

藤圭子との時代を超えた母子1位は史上初となったみたいですね。

 

17歳のとき都内のアメリカンスクールから“飛び級”で米コロン

ビア大に合格。

 

2002年9月に19歳で15歳年上の写真家で映画監督の紀里

谷和明さんと結婚。

 

その時、父親の音楽プロデューサー宇多田照實氏と母親の藤圭子さ

んは、連名で「人は誰もが生きていく中で、いくつかの大きな決断

を下します。ヒカルも今日、とても幸せな大きな決断をしました。

愛する男性と巡り会い、結婚を決意し、婚姻届を提出しました。

 

ヒカルの決断が、皆さんからも受け入れられ、祝福してもらえたら、

それ以外に何も望むことはありません。」と祝福のコメントを出し

た。

 

その5年後、離婚。

 

芸能人はいいな・・・

 

何回も結婚できるなんて!!!

 

うちは貧乏なので我慢しています。

 

でも娘はカワイイデス。