税金や省エネだけじゃない、お得な住宅選びのポイント

社会マイホーム, 住宅社会, 住宅

社会

税金や省エネだけじゃない、お得な住宅選びのポイント

 

 

来年1月に控えた税制改革に伴い、相続税対策の一環として二世帯

住宅への注目度が高まっている。

 

しかし、いくら税制の優遇措置が受けられるといっても、二世帯

住宅は単世帯住宅よりも高額になるため、慎重になる人も多いよう

だ。

 

また、親子二世代だけでなく、孫世代まで同じ家に住まう可能性

も考えると、購入価格や住宅の性能面等はもとより、将来に渡って

のメンテナンスや保証制度なども視野に入れておく必要がある。

 

日本の住宅は、欧米よりも平均寿命が短いといわれ、以前はロー

ンが完済する頃には建物の価値もゼロになっているなどともいわれ

ていたが、現在の技術ではどうなのだろう。

 

資産としての価値を考えるのなら、長期保証制度や点検、メンテ

ナンスなどのアフターサービスは、目先の税金の優遇よりも重要視

すべきことではないだろうか。

 

平成11年に通常国会で制定された「住宅の品質確保の促進等に関

する法律」によって、平成12年4月1日以降に締結された新築住宅の

取得契約には、基本構造部分について10年間の瑕疵担保責任(修補

請求権等)が義務づけられている。

 

この基本構造部分とは、柱や梁など住宅の構造耐力上主要な部分

や、雨水の浸入を防止する部分のことをさす。

 

また、最近の住宅は、震災の影響などもあってユーザーの安全意

識も高まっていることから、標準仕様でも長期優良住宅に充分対応

できるような、高い基本性能を備えている商品が当たり前になりつ

つある。

 

とはいえ、保証や点検、メンテナンスなどの内容は会社ごとに異

なるので注意が必要だ。

 

たとえば、木造注文住宅大手の住友林業は、60年にわたる点検と

メンテナンスのプログラムを設定して25年目まで無償点検を行って

いるが、25年目以降は10年毎の有償メンテナンスとなる。

 

長期優良住宅の認定を受けないと、25年目の無償点検は実施され

ないなどの条件もある。

 

三井ホームでも、「三井ホームのグッドストック」として、同様

の点検、サポートを行っているが、こちらは30年まで無償点検期間

となっている。

 

また、「永代家守り」として、アフターサービスやメンテナンス

を積極的に行っているアキュラホームは、構造体の保証期間は35年

と大手メーカーの平均並みではあるものの、木造ではとくに気にな

る雨水侵入に関する保証では35年と、大手メーカーと比較しても長

い保証プログラムとなっている。

 

家は一生の買い物。それは昔も今も変わらない。

 

保証期間や保証内容は、家を建てる場合、どうしても二の次、三

の次になりがちだが、一生住み続けることを考えれば、決して疎か

にはできないポイントだ。

 

また、無料保証の期間や回数だけを比較するのではなく、どんな

時期にどんな部分を点検してくれるのかもチェックするようにした

い。

 

購入した後も、しっかりと居住者に寄り添ってくれるメーカーを

選択することが、最良の住宅選びのポイントではないだろうか。

 

 

 

「エコノミックスニュース」より抜粋。

 

 

 

個人住宅ですか・・・・

 

いいな~

 

私の家は、公営住宅です。

 

マイホームなんて夢のまた夢です。

 

木造注文住宅では、25年までが無償点検でそれ以降は10年ごと

の有償メンテナンスになってるんですね!!

 

木造住宅は25年を過ぎると、壊れるって事ですよね?

 

目先の税金を優遇させて国民に斡旋さておいて、後のメンテナンス

料金については知らん振り。

 

あなたは、それでも家を買いますか?