拉致再調査 救出まで制裁解除しないで

社会北朝鮮, 拉致再調査社会, 拉致再調査

社会

拉致再調査 救出まで制裁解除しないで

 

 

北朝鮮が全ての日本人拉致被害者と拉致の疑いを排除できない特定

失踪者の再調査を開始することを受け、東北の特定失踪者の家族か

らは全面解決を期待する声が上がった。

 

秋田市の看護学校の寮から昭和35年2月に行方不明になった青

森県八戸市出身の木村かほるさん=当時(21)=は、

 

大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫元工作員が「北朝鮮で日本語

を習った先生によく似ている」と証言するなど消息につながる情報

がある。

 

木村さんの姉で同市在住の天内(あまない)みどりさん(81)

は「妹は北朝鮮で生きていると信じている。誠実に調査して帰国さ

せてほしい」と話した。

 

48年1月に日本海側の秋田県峰浜村(現・八峰町)の実家を出

たまま行方が分からない薩摩勝博さん=当時(23)=の妹で仙台

市太白区に住む品川貴美子さん(59)は、

 

拉致被害者の救出に取り組む「救う会秋田」関係者を通じて「ああ

いう国のことなのでどうなるか分からないが、進展を期待してい

る」とコメントした。

 

平成4年1月には秋田県合川町(現・北秋田市)の松橋恵美子さ

ん=当時(26)=が自宅を出たまま行方不明になっている。

 

松橋さんの車は同県能代市の海岸で施錠されていない状態で見つか

り、財布や化粧道具、防寒着などが残されていた。

 

母のチヤさん(72)は「生きている間に娘に会いたい。政府は北

朝鮮にだまされないように交渉してほしい。

 

被害者を助けるまでは制裁を解除しないでもらいたい」と語った。

 

救う会秋田の松村譲裕代表は「北朝鮮は拉致した日本人のことを

全て把握しているのに、再調査とはしらじらしい。

 

北が調べるのは日本の出方であり、一人残らず返さない限り許さな

いぞという態度を示さなければならない」と話した。

 

 

「産経ニュース」より抜粋。

 

 

今になって拉致再調査を約束とは。

 

なぜだろうか?

 

その見返りは何を狙っているのだろうか?

 

政府は、全員返さない限り制裁解除をしてはいけない。

 

朝鮮人はしたたかで何を考えているか・・・?

 

偽情報で見返りを得る国です。

 

日本人をナメルナ・・・と言いたいです。