【ダービー】ワンアンドオンリーが戴冠!

スポーツダービー, ワンアンドオンリースポーツ, ワンアンドオンリー

スポーツ

【ダービー】ワンアンドオンリーが戴冠!

 

 

1日の東京10Rで行われた第81回東京優駿(日本ダービー、3

歳オープン、GI、芝2400メートル、17頭立て、1着賞金=

2億円)は、

 

横山典弘騎手騎乗の3番人気ワンアンドオンリー(牡、栗東・橋口

弘次郎厩舎)がイスラボニータとの叩き合いを制して優勝。

 

3歳世代の頂点に立った。タイムは2分24秒6(良)。

 

 

名伯楽の悲願が、ついに果たされた。第81代日本ダービー馬に輝

いたのはワンアンドオンリー。

 

好位から抜け出す競馬でライバルを振り切り、父(ハーツクライ=

2004年2着)の無念を晴らして、まさに唯一無二のタイトルを

手に入れた。

 

レースはエキマエの逃げで幕を開け、トーセンスターダムが2番

手。

 

サウンズオブアースが3番手につけて、その外にイスラボニータも

追走する。

 

淡々とした流れになるが、3コーナーを回ったところで大逃げを打

っていたエキマエがスピードダウン(競走中止)。

 

押し出されるようにトーセンスターダムが逃げる形になったが、直

線半ばでは好位から抜け出したイスラボニータとワンアンドオン

リーの争いになった。

 

蛯名正義と横山典弘、関東のベテラン2人の叩き合いは、先に抜け

出したワンアンドオンリーが懸命に食い下がるイスラボニータを振

り切って先着。

 

末脚勝負のイメージを覆す好位からの競馬で戴冠を果たした。

3/4馬身差の2着が1番人気のイスラボニータ。

 

さらに1馬身1/2差の3着には最内からしぶとく伸びた12番人

気の伏兵マイネルフロストが入っている。

 

68歳のベテラン橋口弘次郎調教師は、のべ20頭目の挑戦で、

悲願のダービー初制覇。ワンアンドオンリーの父ハーツクライを含

めて過去4度、ダービー2着で味わった悔しさを晴らす形となった。

 

生産者の(株)ノースヒルズにとっては、昨年のキズナに続くダー

ビー連覇。

 

横山典弘騎手、前田幸治オーナー、そしてワンアンドオンリー自

身というすべて2月23日生まれのチームが、橋口調教師とともに

世代の頂点に立った。

 

ワンアンドオンリーは、父ハーツクライ、母ヴァーチュ、母の父

タイキシャトルという血統。

 

北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬で、前田幸治氏の所有

馬。

 

通算成績は9戦3勝。重賞はGIIIラジオNIKKEI杯2歳S

(2013年)に次いで2勝目。

 

橋口弘次郎調教師は日本ダービー初勝利。横山典弘騎手は09年ロ

ジユニヴァースに次いで2勝目。

 

横山典騎手は「うれしいですね。橋口先生には本当にいつもお世

話になってきたので、頑張って勝ちたいと思っていました。勝てて

よかったです。

 

どのレースでもそうですが、ゴール板が遠かったですね。皐月賞は

行き脚がつきませんでしたが、スタッフも先生もダービーを目標に

してきっちりと仕上げてくれたので、今回は無理なく好位からの競

馬ができました。

 

まだまだお父さん(ハーツクライ)に比べたらヨタヨタしているよ

うな面もありますが、その状態でダービーを勝つんですから。

 

これからも順調にいって、大きいところで頑張ってほしいです」と

2度目のダービー制覇の喜びををかみしめていた。

 

 

「サンケイスポーツ」より抜粋。

 

 

今回はダントツがいない状況のようで、各競馬新聞の予想がバラバ

ラ状態のようでしたが、

 

今年の東京優駿 「ダービー」馬はワンアンドオンリーですか。

 

昔、競馬をやっていた頃一番にお世話になった騎手が「武 豊」

 

次に「横山典弘騎手」でした。

 

その「武 豊」が騎乗する「トーセンスターダム」は16着。

どうしたんですか?

 

馬郡にのまれた?

 

 

払戻金は以下の通り

 

単勝 2 560円

複勝 2 200円

13 140円

3 1,220円

枠連 1-7 800円

馬連 2-13 850円

馬単 2-13 1,860円

3連複 2-3-13 27,470円

3連単 2-13-3 103,300円

ワイド 2-13 420円

2-3 5,210円

3-13 3,580円

 

 

単勝 560円

 

馬連 850円

 

まあまあですな~。

 

私の時代は、3連複、ワイド等なかったので判らないですが、いい

配当ついていますね。