【MLB】今季10勝目の田中将大に称賛の嵐

スポーツマー君, ヤンキース, 田中将大スポーツ, ヤンキース, 田中将大

スポーツ

【MLB】今季10勝目の田中将大に称賛の嵐

 

ヤンキース監督も「彼の存在は本当に、本当に大きい」

 

ジーター「彼はヤンキースにとって頼りになるヤツ」

 

11日(日本時間12日)のマリナーズ戦で今季10勝目を挙げたヤン

キースの田中将大投手に対して、地元メディアや監督、両軍の名手

らから称賛の嵐が巻き起こっている。

 

MLB公式サイトでは「タナカはマリナーズ戦での完投勝利で11奪三

振を挙げる」という見出しで試合を特集している。

 

「これまで13試合に先発したマサヒロ タナカはチームを助けるた

めにもっとやらなければいけないと常に主張しているが、この言葉

はジョークとなりつつある。

彼の考えでは、完璧にわずかでも満たないものは改善の余地がある

ということなのだ」

 

記事では今季メジャーで唯一13試合全てでクオリティー・スター

ト(6回以上を自責3以内)を続けている田中の完璧主義者としての

一面をこう表現している。

 

9回1アウトまで完封ペースだった田中は、昨季までヤンキースで

活躍していたロビンソン・カノ二塁手に2ランホームランを許した。

だが、その後をきっちりと抑え、4-2で今季2度目の完投勝利。

 

ブルージェイズのマーク・バーリー投手と並ぶメジャー最多の10勝

目をマークした。

 

「彼はヤンキースにとって頼りになるヤツだ。自分たちがチームと

してどんなプレーをしているかに関わらず、彼がマウンドに立つだ

けで相手をシャットダウンしてしまうように思ってしまう。

 

彼はものすごく、勝てるチャンスを我々にもたらしてくれる。その

姿をずっと自分たちは目撃し続けているんだ」と主将のデレク・

ジーターは称えている。

 

 

ホームランを打ったカノも制球力を高く評価

 

今季103三振、14四球という圧倒的な数字を残している田中だが、

メジャーデビュー13試合の先発投手でこれまで田中よりも多く三振

を奪った投手や四球が少なかった投手は存在しないという。

 

田中が先発した試合でヤンキースは11勝2敗。

防御率もア・リーグトップの2・02。

 

「ミネアポリスのターゲット・フィールドで行われる7月15日の

オールスター戦のア・リーグ先発投手の最有力候補だ」とも報じら

れている。

 

一方、USAトゥデー紙電子版は「ヤンキースの田中がマリナーズ

をシャットダウンし、10勝目」との見出しで速報。

 

 

 ジョー・ジラルディ監督は

 

「彼の存在は本当に、本当に大きい。彼の積み上げている成績、勝

ち取った勝利数。

 

そして、今シーズンずっと長いイニングを投げ続けてくれた」と田

中のピッチングに対して感謝の意を表した。

 

またスターレジャー紙によると、ジラルディ監督は「彼が我々の勝

利数の三分の一をかせいでくれている。彼の貢献は感銘的だ」と話

している。

 

「彼は打ち取っていたね。テレビで見た通りのヤツだった。狙い通

りにボールを投げていた。彼はすごいよ」

9回の2ランで田中の完封を阻止したカノもそう話し、抜群の制球

力を高く評価している。

 

この日、田中が出した四球はわずかに1。110球を投げ、ストライク

は75球だった。

 

チームメイトのマーク・テシェイラ一塁手も「このままのペース

で投げ続けたら、彼はメジャー史上最も偉大な1年目を過ごしたピ

ッチャーの1人になるだろうね。楽しみでしかたないよ」と話して

いる。

 

メジャー1年目にして早くも揺るぎないエースの地位を確立してい

る田中。二けた勝利を挙げた右腕はどこまで勝ち星を伸ばすのだろ

うか。

 

 

「フルカウント」より抜粋。

 

マー君 !やっぱり凄い。

マー君がが先発した試合でヤンキースは11勝2敗。

メジャー1年目にして「エース」扱い。でも来季が心配だな~。

それなりに対戦相手は知り尽くしてくるだろうし、来季も今年同様

の数字を残せば、本物の「エース」と絶賛されるでしょう。