セクハラやじ問題 声紋分析音源精査へ

2014年10月13日経済セクハラ, 都議会経済, 都議会

経済

セクハラやじ問題 声紋分析音源精査へ

 

 

セクハラやじ問題、「産めないのか」などの声紋分析、音源精査へ

 みんなの党

 

 

東京都議会のセクハラやじ問題で、被害に遭った塩村文夏都議(3

5)が所属するみんなの党の会派は24日までに、鈴木章浩都議

(51)以外のやじ発言者を声紋分析で特定するため、業者と相談

しながら音源を精査する意向を固めた。

 

ただ、発言に不明瞭なところもあり、分析には難航も予想されると

いう。

 

同会派の両角穣幹事長は「自ら名乗り出てほしいと思う。それが難

しいなら各会派がしっかり調査してほしい」と話している。

 

同会派によると、議会局から提供を受けた一般質問の映像・音声

データには、鈴木都議の「早く結婚した方がいい」という声は明瞭

に残っていたが、ほかの「産めないのか」などのやじは、一部だけ

聞こえたり、ほかの音でかき消されたりしていた。

 

塩村都議が20日に議長宛てに提出を試み、不受理になった処分要

求書では、鈴木都議が発言した結婚に関するやじのほか「まずは自

分が産めよ」「子どもを産めないのか」「子どももいないのに」と

いった言葉もあったという。

 

 

他の関連ニュース

 

 

自民党の太田房江参院議員は23日、東京都議会で同党の鈴木章浩

都議がセクハラととれるやじを飛ばした問題に関し「品がなく、不

愉快極まりない。

 

政権与党として絶対にやってはいけないことだ」と批判した。産経

新聞の取材に答えた。

 

太田氏は大阪府知事時代に「人格否定に近いやじ」を受けた経験や、

前任の横山ノック元知事がセクハラ問題で辞任したことにふれ、

「本当の反省、女性に対する尊重が足らず、根深い問題として残っ

ている」と指摘。

 

また、「どんな形であれ、やじが“場外乱闘”であることには違い

ない。言うのなら正当に壇上で言うべきだ」とも述べた。

 

 

自民党の石破茂幹事長は23日、東京都議会でのセクハラやじをめ

ぐり、鈴木章浩都議が自らの発言だと認めたことについて「党の責

任者としておわびしたい」と陳謝した。党本部で記者団に語った。

 

鈴木氏が発言を認めるまで日数を要したとの批判に関し「もう少し

早い方がよかった。遅かったとのおしかりについては申し訳ない」

と答えた。

 

辞職せず、自民党会派を離脱するとの鈴木氏の対応については「最

大会派を離れるのはつらいと思う。一議員としてどれだけやってい

くか、自らの行動で示していくものだ」と述べるにとどめた。

 

これに関連し、菅義偉官房長官は記者会見で「女性が輝く社会づく

りを推進する安倍内閣として極めて遺憾だ」と強調した。同時に

「不適切な発言だったのは明らかだ。きちんと責任を果たすべき

だ」と指摘した。

 

 

 

「産経ニュース」より抜粋。

 

 

 

やじ問題について

 

会議において自分の考えと違う方向で議会が進んで行くと、発言権

が無い人が罵声を発生する。

 

人は興奮すると、言ってはいけない言動まで発するものです。

 

会議の秩序とは?

 

議題に真剣に取り組んでいる人は、あのような発言はしないと思い

ます。

 

都民は議員辞職を要求した運動をしないのですか?

 

税金の無駄使いじゃないですか・・・・